「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.07.28

売掛金を回収する保険としてのファクタリング活用

企業間での取引は掛け取引が一般的です。そのため、せっかく売り上げたのに、売掛金を回収できるのは1~2ヶ月先となり、その間に仕入れ先の支払いや従業員への賃金の支払いなどの現金での支払いが発生して、自社の財務面に余裕がない場合は、黒字倒産などということも考えざるを得ません。 企業にとっては、売掛金を一日も早く現金化したいという思いもありますが、もし取引先に不渡りなどがでた場合、売掛金を回収することができません。その保険としてもファクタリングが有効になるのです。それでは通常の「買取ファクタリング」と「保証ファクタリング」がどのように違うのかみていきましょう。 買取ファクタリング 買取ファク
資金調達 2019.07.28

助成金・補助金の申請に必要なもの〜厚生労働省系の助成金をもらうために

厚生労働省が所管する雇用対策関係の助成金は、企業の働き方改革や、女性の社会進出さらには高齢者、外国人、障碍者の雇用を積極的に行おうとする企業などを支援するもので、企業と労働者が毎月かけている雇用保険(失業保険)の保険料をもとに運営されています。ですから雇用保険に加入していない企業や個人は一切受給ができないことをまず理解しておきましょう。ほかにも受給するためにはさまざまな条件がありますのでそれを踏まえた上で、必要な書類を準備することになります。まず雇用関係の助成金をもらうための条件から見ていくことにしましょう。 雇用関係の助成金をもらうために必要な条件 助成金を受けることを考える前に、自社が
資金調達 2019.07.28

助成金・補助金のキャッシュフロー

いま、企業に対して国や自治体がさまざまな助成金を出しています。またインターネットを検索すると社会保険労務士や行政書士、さらにはコンサルタントを名乗る民間企業や個人まで、さまざまな助成金に関するサービスが数多く存在しています。そして、さも助成金や補助金を利用すれば、国や地方自治体から返済不要で資金調達ができ、日々の資金繰り、資金調達に有効であるとも誤解されそうなものもあるようにも思います。しかし実際には助成金や補助金は事前に申請した計画に基づいて、雇用対策や設備投資などを行いその支出の一部を補助するというものなのです。それでは具体的に助成金や補助金のお金の流れ(キャッシュフロー)について説明して
ファクタリング 2019.07.28

回収できていない売掛金を法的に回収する

日頃から取引先の業務状況や経営的信用度などに目を光らせておくことも大切です。しかし売掛金未回収が発生した場合は、早急に売掛金回収に動き出す必要があります。 この場合、取引先へ連絡や内容証明を送付することにより、連絡がつき、売掛金を支払う意思を確認できているのであれば、期日までに支払ってもらえるよう伝えるだけではなく、取引先に協力いただき、未払金残高確認書を作成してもらったり、売買契約を解除して商品を引き上げるなどの措置を取ることができます。 しかしながら、取引先がこのような売掛金支払に応じない場合は、法的処置をとることで回収することができるのです。ここではその方法を説明しましょう。
ファクタリング 2019.07.28

ファクタリングの会計処理

ファクタリングの取引といっても、実際にどのように仕訳するのかなど会計処理がわからないという経理担当者の声をよく聞きます。たしかに売掛債権の売買や手数料の仕訳方法、手形取引とどのように違うのかなどわからないことが多いのでしょうか。ここでは実際の仕訳例を踏まえてファクタリングの会計処理について解説します。 ファクタリング契約締結時の会計処理 ファクタリングを利用する場合でも売上計上の処理は、「(借方)売掛金/(貸方)売上高」と通常の仕訳となります。ここで売掛金が取引先から入金された場合に、決済仕訳として「(借方)現預金/(貸方)売掛金」となるのですが、ファクタリング業者と契約をした段階で「
ファクタリング 2019.07.28

手形割引とファクタリングはどう違うのか

手形割引とファクタリングは、いずれも売掛金を早期回収したいときに利用する手法です。目的が同じなので、手形割引とファクタリングはよく混同されます。そこで今回は、手形割引とファクタリングの違いをご紹介します。結論からいえば、現代では手形割引よりもファクタリングの方が利用しやすくメリットも豊富です。それぞれの特徴についても解説します。 そもそも手形割引とは? 手形割引とは、取引先から受け取った手形を決済日より前に現金化する方法のことで、かつて数多く利用された仕組みです。一般に手形とは、「一定の資格や権利を証明する書面のこと」を指します。下請法(第2条2)では「通常の信用取引は60日以内のでき
ファクタリング 2019.07.28

でんさいネットとファクタリングはどう違うのか

「でんさいネット」も「ファクタリング」も、請求書などで発生した売掛金を早期に回収する手法には違いがありません。ですから混同されることもある両者ですが、実は全く異なる仕組みなのです。確かに請求書などの売掛債権を早期に現金化できることは事実なのですが、でんさいネットがこれはこれまで紙で行なっていた手形や売掛金を第3者に譲り渡すための通知などを電子化することを目的としており、電子化によるスピードアップで結果的に支払期日前に現金を早く手に入れることができるのです。一方「ファクタリング」は、債権そのものを第3者であるファクタリングを取り扱う企業に売り渡すことで、支払期日前に現金を受け取ることができるとい
資金調達 2019.07.28

銀行融資で押さえていきたい事業計画書のツボ

自分の会社がどのような事業を営み、何を目指し、そのために資金が必要になるから調達したいというように、未来に向けた具体的な「シナリオ」が事業計画書です。仮に事業計画書なしで融資を申込みしようとすれば、それは「とりあえず貸してください。使いみちはあとで考えます」といっているようなものです。これでは銀行から融資を受けることはできません。それではどのような観点で事業計画書を作成すすれば良いのか実際に見ていきましょう。 事業計画の内容が計画的か? 事業計画書は計画的でなくてはいけません。これは言葉遊びではなく非常に大事な部分なのです。例えばイメージ先行の計画書や、横文字や比喩ばかりで何を言っているの
資金調達 2019.07.28

銀行員は経営者の人柄をどのように評価しているのか

人が人を評することは難しく、またその相手をどのように評価するか?これは難しい質問です。銀行は長年培ってきた融資審査を行った経験を蓄積して経営者の人柄を3つのキーワードで評価しています。それは①信用できるか?②普通か?③使えるか?の3つです。それでは「銀行員が経営者をどう見ているのか?」その3つのキーワードを解説していきましょう。 キーワード1 信用できるか? 銀行が最も重視するのが「信用」です。どれだけ会社の業績が素晴らしくても、輝かしい経歴を持った人であっても、信用できなければ全く意味がありません。銀行が事業資金として融資するお金は預金として集めたものです。これを事業発展のために融資
ファクタリング 2019.07.28

なぜ経済産業省はファクタリングを推奨するのか

ファクタリングは、売掛金を売却することで資金が得られる資金調達方法です。資金繰りに苦しむ中小企業にとっては、銀行等での融資に比べて審査が通りやすく、即金性もあるため、資金繰り改善に最適な資金調達方法といえるのではないでしょうか。しかし、現状では多くの中小企業が銀行からの融資で資金調達をしており、ファクタリングの利用は少ない状況です。そのような状況のファクタリングがなぜ経済産業省から推奨されているのかについて、具体的に3つの面から解説していきます。 不動産担保に依存している 現在では、日本企業の約9割が不動産を担保にした融資の契約をしています。しかし、中小企業によっては、不動産をあまり保有し
11 / 23...910111213...20...