「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

factoring の記事一覧
ファクタリング 2020.02.07

Web完結型ファクタリングを実際に使ってみた

忙しい企業経営者にとって、資金調達のために銀行やノンバンクなどの窓口を訪れる時間を確保するのはなかなか難しいのが現実ではないでしょうか。近年ではノンバンクや銀行のカードローンなどを中心としてWebだけで完結して資金調達ができるサービスが出現しています。一方でファクタリングの場合は、審査や必要書類の提出などはある程度Webやメールでできるケースが増えているものの、やはり本審査や契約などは対面でというケースが多いようです。そのような状況の中で出現した「クラウドファクタリング」とはどのようなしくみなのか見ていくことにしましょう。 クラウドファクタリングは2者間ファクタリングのみ ファクタリン
ファクタリング 2020.02.07

ファクタリングで見えないお金 手数料以外でファクタリングに必要なお金は何か?

毎日の資金繰りの中で、急いで資金が必要になった時の資金調達方法の一つに、ファクタリングがあります。ファクタリングは、融資という性格を持たず、最短1日で現金化を行えることから、急に運転資金が必要になった時のために利用を考えている経営者も多いのではないでしょうか。 ファクタリングを利用する場合には、手数料が発生します。ファクタリング会社によって、提示される手数料に着手金や諸費用などのお金が含まれている場合もあれば、手数料とは別に着手金や諸費用を請求される場合もあります。ファクタリングを利用したけれども、実際に手にした資金が予想していたよりも少なかったということにならないためにも、手数料以外にかか
ファクタリング 2020.02.07

薄利多売のビジネスだとファクタリングは不向きなのか

薄利多売ビジネスとは、利益が少ないものをたくさん仕入れて、または製造して多く売ることで全体として莫大な利益を得るビジネスのことをいいます。以前は「商売の基本は薄利多売」と言われていましたが、現在においては、小規模事業者や個人事業主にとって、薄利多売ビジネスがかえって危機を招く恐れもあるため、銀行等で融資を断られてしまうこともあります。 では融資の性格を持たないファクタリングについてはどうでしょうか。ファクタリングを利用する場合には、手数料が発生します。売掛債権の金額から手数料を差し引いた買取金額を現金化することにより、資金となります。この時、ファクタリング会社に売却する売掛債権の利益率よりも
ファクタリング 2020.02.07

ファクタリングを利用する際に資金繰りで気をつけたいポイント

ファクタリングは請求書といった債権を、ファクタリング業者などの第3者に売却することで通常の入金予定日よりも早く現金化できるものです。しかも融資ではなくあくまで債権の売買取引にあたるので借入金にならず、銀行などの金融機関の与信に影響することはありません。このようにいいことずくめともいえるファクタリングですが、企業の資金繰りの中で気をつけておきたいポイントもあるのです。では、実際にどのようなことに気をつけるべきか見ていくことにしましょう。 手数料や諸費用に注意する ファクタリングを利用する場合、請求書の額面通りの金額が現金化できるわけではありません。ファクタリング業者も事業ですから、その収
ファクタリング 2020.02.07

ファクタリングの審査の流れはどうなっているのか?

ファクタリングを利用する際の審査は、いったいどのようになっているのでしょうか。 ファクタリング審査は仮審査と本審査の二段階に分けられています。それぞれどのような流れになっているのか見ていくことにしましょう。 仮審査:電話やメールなどのコミュニケーションが重要 ファクタリング会社に問い合わせを行うとしばらくしてファクタリング会社の担当者から電話やメールでコンタクトがあります。これは単なる問い合わせに対する返答ではなく、実は仮審査であることが多いので、回答内容には注意が必要です。この段階では、主に次のようなことを聞かれますので事前に準備しておけばスムーズな対応が期待できます。 ・事業概
ファクタリング 2020.02.07

少額の請求書では難しい?いくら以上ならファクタリングの利用ができるのか

資金繰り対応として、ファクタリングを利用しようとする場合に、どこのファクタリング会社を利用するべきか判断するため、ネット等でファクタリング会社のHPを見ることがあると思います。多くのファクタリング会社は、「買取金額最大1億円」と大々的な広告を出してアピールをしているため、買い取ってもらえる売掛債権が高額ではないと利用できないのか、売掛債権が少額の場合には門前払いをされてしまうのではないか等と心配されている経営者もいるのではないでしょうか。この記事では、現在のファクタリング利用者のニーズとファクタリング会社の実情を紹介したうえで、少額の売掛債権でもファクタリングの利用ができるのかを説明していきま
ファクタリング 2020.02.07

地元にファクタリング業者がない場合、どこにどのように申し込めばいいのか?

ファクタリング業者の事務所は、大都市に集中しておりどうしても地方の企業や個人事業主にとって利用しにくい印象があります。しかしインターネットやメール、電話、郵送などで来店しなくても審査や買取を行うファクタリング業者も増えてきました。それでは、このような店舗を訪問することなくファクタリングを行うための手順と、気をつけるべきポイントについて見ていきましょう。 取引する業者を選ぶ まず、初めてファクタリング取引を行う場合の手順とポイントを理解しましょう。いまや多くのファクタリング業者がWebやメールによる申込や審査に対応しています。 直接面談することは「相手がどのような人か」を知る上で、これ
ファクタリング 2020.01.30

悪徳ファクタリング会社を見抜くポイント

どの業界にも悪徳業者はいるものです。急いで資金調達をしたいのに、誤って悪徳ファクタリング会社と契約してしまった場合、資金調達以外においてトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。悪徳ファクタリング会社を見抜く8つのポイントを紹介します。 ①日本貸金業協会が提供している悪質業者検索ページに掲載されていないか 闇金業者などの悪徳業者がファクタリング会社として事業を行っている場合があります。まずは日本貸金業協会のHPにある悪質業者検索ページにて、ファクタリング会社名を検索し、登録されていないことを確認することが必要です。 ②ファクタリング会社のオフィスでの面談があるか ファクタリ
ファクタリング 2020.01.30

絶対にやめてほしいファクタリング業者を騙す手口は

中小企業経営者にとって、ファクタリング利用の場合には、相場よりもはるかに高い手数料を請求してきたり、他の融資をすすめてくるという悪徳ファクタリング会社に遭わぬよう、よく調査したうえで利用していると思いますが、反対にファクタリング業者がファクタリング利用者により被害を受ける場合も、少なからず存在します。 中小企業経営者にとって資金調達方法の一つとして、ファクタリングは必要不可欠であるからこそ、ファクタリング業者を騙すというトラブルを起こすことなく、利用したいものです。 では、ファクタリング業者を悩ましてしまう、ファクタリング利用者が絶対行ってはいけない騙しの手口を紹介します。 ①架空債
ファクタリング 2020.01.15

ファクタリングも使いすぎに注意。手数料、諸経費が資金繰りを圧迫することもある

ファクタリングは、売上債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで現金化し、資金調達する方法です。売掛債権を早期に回収できるため資金繰りの改善に使われますが、契約の際にはファクタリング会社に支払う手数料と、手続き上必要な諸経費がかかります。それぞれについて、確認していきましょう。 ファクタリング手数料 ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらう際、買取売掛金額から手数料が差し引かれます。ファクタリング手数料は売掛先の信用力やファクタリングの契約種類、売掛債権の額など様々な要因で変動します。そのため、いくら手数料がかかるか一概には言えませんが、契約種類ごとの相場は以下のようになっ
1 / 812345...