「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

資金調達 2020.02.07

地方企業は資金調達に有利? 地域創生、開発をテーマにした助成金、融資の活用

地域の産業振興を目的として、企業を呼びこむためのさまざまな自治体で「補助金」制度が設けられています。地方に拠点を持つ、もしくは新たに拠点を設けようとする企業には、これらの補助金を使うことによって、拠点を設けるだけでなく新たな従業員を採用できるなどメリットは多いです。それでは具体的にどのような補助金活用法があるのか見ていくことにしましょう。 補助金で名産品をつくりブランド化に成功した事例 地方の産業や観光事業の活性化に関する補助金のひとつとして、「ふるさと名物応援事業」があります。これは、各地域の製造業者との連携を図ることによって「ふるさと名物の販路開拓を行う」小売業者をサポートするもの
資金調達 2020.02.07

資金調達から考えたい銀行選びのポイント メガバンク、地方銀行、ネット銀行、信用金庫の違い

企業が資金調達を行う手段の一つに、銀行融資があります。銀行融資とは、創業資金や運転資金等事業を行う資金を得るために、一定の利息をつけて計画的に返済することを約束に銀行からお金を貸し出してもらうことです。カードローンやキャッシングとは異なり一度に大きな金額を融資してもらえるため、まとまった資金調達を行うためには、銀行融資を選択することが多いと言えます。しかし銀行融資は審査や、利率、特徴が異なるほか、付き合いが長くなる可能性もあるため、融資依頼先の選択は重要となってきます。また、銀行と一口に言っても、メガバンクから、地元の信用金庫まで様々です。それでは、どの銀行に融資を選択するのがよいのでしょうか
資金調達 2020.02.07

私募債を発行して取引先や親類、知人などから資金調達を検討できるか

「私募債」というものをご存知でしょうか。私募債とは、上場株式など証券会社を通じて不特定多数の投資家を対象として募集される株式(公募債)とは相対して、少人数の投資家と直接取引する社債のことをいいます。中小企業やベンチャー企業のような場合、この私募債のうち、「少人数私募債」というものを活用することにより、資金調達を行うこともできることもあるのです。「少人数私募債」とは、募集人数が50名以下の少人数に発行される小さな社債で、調達する金額の合計で1億円以下を想定しています。そのため、社債を購入する投資家は、私募債を発行する会社の親類、知人、取引先といった会社と縁故のある人や会社となることが多いので、別
資金調達 2020.02.07

融資だけでない資金調達方法いろいろ

会社の資産から資金調達を行う方法として、不要な資産の売却、ファクタリングの活用、セール&リースバックの活用、自社の特許や営業権の売却、売掛債権の法的回収、オフィス敷金や保証金の回収、経営者への貸付金や仮払金の回収を挙げてきましたが、この記事ではそれ以外の資金調達方法をご説明します。 無駄な在庫の売却による資金調達 商品を売り上げるのに、在庫は必要です。しかしながら、需要と供給に合わない過度な在庫を抱えていることにより、在庫を管理するための管理コストや保管コストがかかります。 そのためにも、日々の売上を把握したうえで、適正な在庫量を見積もり、過度な在庫は売却することにより資金調達を行う
資金調達 2020.02.07

銀行の企業格付をあげて融資を円滑に受けよう

銀行などの金融機関は、「格付け」によって、融資先となる企業の融資姿勢を決めるといっても過言ではありません。つまり格付けが悪くなると、金利が上がるほか、融資を受けることができなくなってしまうのです。ですから、企業は、金融機関からよい格付けをもらわなければ、資金調達ができなくなってしまいます。それでは、この「格付け」とはどのように決められているのか見ていくことにしましょう。 格付けの70〜90%が決算書で決まる 銀行格付けは、決算書で70~90%が決まるといわれています。これは強大な権限を持った金融庁の方針なので、銀行などの金融機関は、例外なく決算書を中心に格付けを行っているといっていいで
ファクタリング 2020.02.07

ファクタリングで見えないお金 手数料以外でファクタリングに必要なお金は何か?

毎日の資金繰りの中で、急いで資金が必要になった時の資金調達方法の一つに、ファクタリングがあります。ファクタリングは、融資という性格を持たず、最短1日で現金化を行えることから、急に運転資金が必要になった時のために利用を考えている経営者も多いのではないでしょうか。 ファクタリングを利用する場合には、手数料が発生します。ファクタリング会社によって、提示される手数料に着手金や諸費用などのお金が含まれている場合もあれば、手数料とは別に着手金や諸費用を請求される場合もあります。ファクタリングを利用したけれども、実際に手にした資金が予想していたよりも少なかったということにならないためにも、手数料以外にかか
ファクタリング 2020.02.07

薄利多売のビジネスだとファクタリングは不向きなのか

薄利多売ビジネスとは、利益が少ないものをたくさん仕入れて、または製造して多く売ることで全体として莫大な利益を得るビジネスのことをいいます。以前は「商売の基本は薄利多売」と言われていましたが、現在においては、小規模事業者や個人事業主にとって、薄利多売ビジネスがかえって危機を招く恐れもあるため、銀行等で融資を断られてしまうこともあります。 では融資の性格を持たないファクタリングについてはどうでしょうか。ファクタリングを利用する場合には、手数料が発生します。売掛債権の金額から手数料を差し引いた買取金額を現金化することにより、資金となります。この時、ファクタリング会社に売却する売掛債権の利益率よりも
資金調達 2020.02.07

経営者への貸付・仮払金を回収することも立派な資金調達

経営者への貸付金や仮払金とは、経営者が本来会社として経費計上できない費用を会社から借りているお金のことをいいます。この貸付金や仮払金があることで、経営者の経営態度が問われ、会社に対しての信用度が落ち、経営に支障をきたすこともあるのです。 それでは、経営者への貸付金や仮払金があることによるデメリットを説明し、経営者から貸付金や仮払金を回収する方法を説明していきましょう。 経営者への貸付金・仮払金があることによるデメリット ①金融機関からの評価が下がる 経営者への貸付金や仮払金が発生した理由を問わず、金融機関からは貸付金や仮払金が不良債権という認識がされてしまうため、結果的に自社の与信
ファクタリング 2020.02.07

ファクタリングを利用する際に資金繰りで気をつけたいポイント

ファクタリングは請求書といった債権を、ファクタリング業者などの第3者に売却することで通常の入金予定日よりも早く現金化できるものです。しかも融資ではなくあくまで債権の売買取引にあたるので借入金にならず、銀行などの金融機関の与信に影響することはありません。このようにいいことずくめともいえるファクタリングですが、企業の資金繰りの中で気をつけておきたいポイントもあるのです。では、実際にどのようなことに気をつけるべきか見ていくことにしましょう。 手数料や諸費用に注意する ファクタリングを利用する場合、請求書の額面通りの金額が現金化できるわけではありません。ファクタリング業者も事業ですから、その収
ファクタリング 2020.02.07

ファクタリングの審査の流れはどうなっているのか?

ファクタリングを利用する際の審査は、いったいどのようになっているのでしょうか。 ファクタリング審査は仮審査と本審査の二段階に分けられています。それぞれどのような流れになっているのか見ていくことにしましょう。 仮審査:電話やメールなどのコミュニケーションが重要 ファクタリング会社に問い合わせを行うとしばらくしてファクタリング会社の担当者から電話やメールでコンタクトがあります。これは単なる問い合わせに対する返答ではなく、実は仮審査であることが多いので、回答内容には注意が必要です。この段階では、主に次のようなことを聞かれますので事前に準備しておけばスムーズな対応が期待できます。 ・事業概
3 / 2312345...1020...