「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

資金調達 2020.02.07

オフィスの敷金(保証金)を回収して資金調達できるのか?

事業を行うにあたり、当然事業を行う場所が必要です。現在では、これまでのように賃貸オフィスを借りる代わりに、シェアオフィスやSOHO、コワーキングスペースなど多くの選択肢があります。しかし自社オフィスを持っていることで、お客様へ信頼感を与えルコとや、落ち着いた環境で仕事をすることもあるのです しかし、賃貸オフィスを借りる場合には、多額の敷金、保証金を支払う必要もあります。しかも不動産のオーナーが提示した賃貸借契約の内容に特別な疑問を持たずに、言われた通りの内容や金額で契約をしてしまうケースが大半です。それでは、まずは敷金、保証金について説明したうえで、その敷金、保証金を活用して、資金調達を行う
資金調達 2020.02.07

法人グレジットカードを持っているならキャッシングも利用できる

個人向けのクレジットカードでは一般的なキャッシングですが、法人や個人事業主向けのビジネスカードにもキャッシングできることをご存知でしょうか。ビジネスカードは接待交際費や出張時の旅費交通費の決済に利用するのを想定しているのですが、あまり多額ではないにしろキャッシングで資金を用立てることもできるのです。 また万一、信頼関係を深めたいような相手に支払いを待ってもらうようなことになってしまえば、これからのビジネスで大きな損失となってしまいます。そのようなピンチを回避するため、キャッシング機能付き法人カードを持つ利用者がいま増えています。ただし一般的な法人向けのクレジットカードにはキャッシングはついて
ファクタリング 2020.02.07

少額の請求書では難しい?いくら以上ならファクタリングの利用ができるのか

資金繰り対応として、ファクタリングを利用しようとする場合に、どこのファクタリング会社を利用するべきか判断するため、ネット等でファクタリング会社のHPを見ることがあると思います。多くのファクタリング会社は、「買取金額最大1億円」と大々的な広告を出してアピールをしているため、買い取ってもらえる売掛債権が高額ではないと利用できないのか、売掛債権が少額の場合には門前払いをされてしまうのではないか等と心配されている経営者もいるのではないでしょうか。この記事では、現在のファクタリング利用者のニーズとファクタリング会社の実情を紹介したうえで、少額の売掛債権でもファクタリングの利用ができるのかを説明していきま
資金調達 2020.02.07

ネット銀行からの融資は決して簡単ではない

ネット銀行の多くは、口座開設における「審査の速さ」、さらには「預金金利の高さ」や「手数料の安さ」といった利便性が特徴的です。しかしながらこれは個人口座や個人向けのカードローンの場合であって、法人口座さらには法人向けの融資などの資金調達の面では、便利とは言い難いのが現状なのです。それでは個人でネット銀行と比較してどのような違いがあるのでしょうか。口座開設、融資といったそれぞれの側面から見ていきましょう。 ネット銀行とは ネット銀行(ネットバンク)とは、インターネット型の「銀行取引」のみを行う金融機関です。つまり店舗などを持たずインターネット取引をメインにしている銀行なのです。店舗などを持
ファクタリング 2020.02.07

地元にファクタリング業者がない場合、どこにどのように申し込めばいいのか?

ファクタリング業者の事務所は、大都市に集中しておりどうしても地方の企業や個人事業主にとって利用しにくい印象があります。しかしインターネットやメール、電話、郵送などで来店しなくても審査や買取を行うファクタリング業者も増えてきました。それでは、このような店舗を訪問することなくファクタリングを行うための手順と、気をつけるべきポイントについて見ていきましょう。 取引する業者を選ぶ まず、初めてファクタリング取引を行う場合の手順とポイントを理解しましょう。いまや多くのファクタリング業者がWebやメールによる申込や審査に対応しています。 直接面談することは「相手がどのような人か」を知る上で、これ
資金調達 2020.02.07

流動資産担保融資「ABL」とはどのようなものか

販売する見込みはあるもののまだ出荷時期が決まっていない商品や、価格が安い時に大量に仕入れた原材料などを倉庫などに大量に保管しているようなケースもあるのではないでしょうか?しかも、これらはすでに仕入先に代金を支払っており、あとは出荷時期や製品として使用する時期を待待っているだけのものです。このような在庫を使用するまでの期間だけでも担保にでき融資を受けられたら短期的にでも資金繰りの改善に役立つのではないでしょうか。流動性担保融資(ABL)とはそのような在庫を担保に融資を受けられるものなのです。それではこの流動性担保融資(ABL)が、一体どのようなものなのか見ていくことにしましょう。 流動性担
資金調達 2020.02.05

保証人と連帯保証人の違いはなに?

保証人と連帯保証人は、債務者が借りているお金を返済しなければならない可能性があるということは共通しています。しかし連帯保証人の方が「連帯」という言葉からも想像できるように、通常の保証人より重い責任を負うのです。この記事では保証人と連帯保証人の違いについて見ていきましょう。 保証人とは 保証人は、次の3つの権利を有しています。この権利があることで、保証人はお金を借りている当人が返済できない場合でも強制的に返済を肩代わりしなければならない義務を負うことがないのです。 ・お金を借りている本人よりも先に返済を請求されない権利:催告の抗弁権 保証人は債権者から返済請求があった場合に、お金を借
ファクタリング 2020.01.30

悪徳ファクタリング会社を見抜くポイント

どの業界にも悪徳業者はいるものです。急いで資金調達をしたいのに、誤って悪徳ファクタリング会社と契約してしまった場合、資金調達以外においてトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。悪徳ファクタリング会社を見抜く8つのポイントを紹介します。 ①日本貸金業協会が提供している悪質業者検索ページに掲載されていないか 闇金業者などの悪徳業者がファクタリング会社として事業を行っている場合があります。まずは日本貸金業協会のHPにある悪質業者検索ページにて、ファクタリング会社名を検索し、登録されていないことを確認することが必要です。 ②ファクタリング会社のオフィスでの面談があるか ファクタリ
ファクタリング 2020.01.30

絶対にやめてほしいファクタリング業者を騙す手口は

中小企業経営者にとって、ファクタリング利用の場合には、相場よりもはるかに高い手数料を請求してきたり、他の融資をすすめてくるという悪徳ファクタリング会社に遭わぬよう、よく調査したうえで利用していると思いますが、反対にファクタリング業者がファクタリング利用者により被害を受ける場合も、少なからず存在します。 中小企業経営者にとって資金調達方法の一つとして、ファクタリングは必要不可欠であるからこそ、ファクタリング業者を騙すというトラブルを起こすことなく、利用したいものです。 では、ファクタリング業者を悩ましてしまう、ファクタリング利用者が絶対行ってはいけない騙しの手口を紹介します。 ①架空債
資金調達 2020.01.30

ソーシャルレンディングとは、クラウドファンディングとの違いは?

ソーシャルレンディングという言葉を初めて聞いた方もいるのではないでしょうか。まずは、ソーシャルレンディングとは何か、そして融資を受ける企業にとってソーシャルレンディングのメリットとデメリット、またよく混同される言葉でもあるクラウドファンディングとの違いについて説明します。 ソーシャルレンディングとは ソーシャルレンディングとは、仲介業者を介して、インターネットを活用してウェブサイト上で投資家から小口のお金を集めて、その資金を個人や企業へ融資するというものです。 融資であるがゆえ、融資金額に貸出金利が発生するので、借り手である企業は資金提供した投資家へ分配金の支払いおよび出資金の返済が
4 / 23...23456...1020...