「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ビジネスローン 2019.06.10

ビジネスローンのメリット|審査の早さと担保・保証人の有無

ビジネスローンは利用するに当たりどのようなメリットが有るのでしょうか?
ビジネスローンには金利が高いなどのマイナス部分があることも確かです。しかしメリットもあるのです。

こちらでは審査時間と担保・保証人についてお伝えします。
ビジネスローンはその2点について大きなメリットがあるのです。

ビジネスローンをより詳しく理解してから利用したい、という方は必見です。

ビジネスローンの注目してもらいたいメリット1つ目~審査結果が早く出る~

審査スピードという面では、たくさんある資金調達法のなかでも屈指です。そもそも最短即日対応をしてくれる業者もあるのです。
基本的にノンバンクのビジネスローンであれば、審査時間は極めて短いので「早急な調達が必要である」というケースの利用に向いています。

ではなぜビジネスローンは審査時間が短いのでしょうか?

まず大手のビジネスローンではスコアリング審査を採用しています。スコアリング審査とは、様々な情報を点数化して審査するものです。提供された情報に点数をつけていくわけですね。
そしてその点数が一定以上であれば審査通過となり、一定以下となれば否決となるのです。

審査に人があまりかかわらないですし、コンピューターが自動的に審査してくれるので時間はかかりません。審査時間の短縮が実現しているのです。

審査難易度も審査基準には大きく関わっています。
審査難易度が高ければ、審査時間は当然かかります。どこかに問題はないか、と調べられることになりますよね。
でもビジネスローンはそれほど審査難易度を高くする必要はありません。

ビジネスローンのほとんどは少額融資です。よって業者側のリスクはそれほど高いわけではありません。貸し倒れリスクを高く見積もる必要もないので、結果としてそれが審査時間の短縮につながるのです。

ビジネスローンの注目してもらいたいメリット2つ目~担保と保証人が不要~

・ビジネスローンにおける担保・・原則不要
・ビジネスローンにおける保証人・・・原則不要

担保も保証人もビジネスローンでは必要ありません。どちらか片方でも必要となってしまうと、利用には高いハードルを感じてしまいますよね。

担保がなければ利用できない、ということになります。保証人になってくれる人がいなければ利用できません。

しかしビジネスローンではそれらを用意する必要はありません。安心して利用できる、といったメリットがあるわけです。

ちなみに「保証人」については、「第三者保証人」が不必要である、ということです。ビジネスローンは経営者が基本的には保証人となります。経営者以外の保証人が不要となるのがビジネスローンなのです。

経営者に関しては、会社が倒産したとしても返済の義務があるので気をつけてくださいね。もちろん会社が倒産した時に、経営者自身も債務整理をすれば返済義務はなくなります。

・担保型ローンとビジネスローンの違いも理解しておこう

事業者向けの不動産担保ローンも存在しています。
では担保型ローンとビジネスローンにはどのような違いがあるのでしょうか?

基本的に融資額が異なってきます。
担保型ローンは担保の価値によって融資額が決定するので、不動産などの価値が高いものであれば高額の融資につながることもあります。数千万円や1億円を超えるような融資に対応している業者もあります。
しかし担保が不要なビジネスローンはそれほど高額な融資には対応していません。業者にとってはリスクが高いからです。

一方で利用者にとってリスクが高いのは担保型ローンです。返済ができなければ担保に入れたものを失ってしまいます。

どちらを利用するかは考えた上で行わなければなりません。