「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

資金調達 2019.06.13

【2019年度版】資金調達方法一覧

会社を経営しているうえで「資金調達」は最も重要なことのひとつです。
日本には数多くの資金調達方法が存在します。
ここでは主要な調達方法をまとめましたので参考にしてください。
ただし、どの資金調達方法がいいかはあなたの会社の状況や調達をする金融機関によって変わってきます。
もし、どの調達方法がいいか不明な場合は下記よりご相談頂ければ専門スタッフがご案内します。
無料相談はこちらから

ファクタリング

ファクタリングとは企業が少所有している売掛債権をファクタリング会社が現金化してくれる資金調達方法です。
たとえば、月末に取引先から100万円の入金(売掛債権)がある場合、月末を待たずして100万円を現金化できます。
(100万円からファクタリング手数料は引かれてしまいます。)

ファクタリングのメリット

・スピード調達が可能(最短即日)
・保証人、担保不要
・売掛金の回収義務がない
・信用情報へ影響しない
・秘密裏に資金調達が可能(2社間ファクタリングの場合)

ファクタリングのデメリット

・他の資金調達方法と比べると手数料が高い
・債権譲渡登記が必要なものもある
・3社間ファクタリングは売り掛け先への通知が必要

ファクタリング情報

ファクタリングをもっと詳しく知りたい方は
ファクタリング情報一覧

ファクタリング会社をお探しの方は
ファクタリング会社総合ランキング

ビジネスローン(事業者ローン)

ビジネスローン(事業者ローン)とは、法人や個人事業主を対象とした事業性の無担保ローンです。
銀行はスコアリングシステムによる審査の制度が低いことから撤退気味です。
現在はノンバンクがビジネスローンの大半を占めております。

ビジネスローンのメリット

・審査スピードが速い(調達までのスピードが速い)
・担保が必要ない
・代表者以外の保証人がいなくてもOK

ファクタリングのデメリット

・銀行融資などに比べると金利が高い
・必要書類が多い
・事業にしか資金を使うことができない

ビジネスローン情報

ビジネスローンをもっと詳しく知りたい方は
ビジネスローン情報一覧

国や地方公共団体から借りる公的資金

1番金利が安いと言われている資金調達方法です。政府系の機関や地方公共団体の機関、信用保証協会などから借りることができます。

公的融資のメリット

・銀行よりも金利が安い
・貸付条件がいい
・審査のハードルが低い
・創業前でも融資を受けられる
・経営者アドバイスも受けやすい

公的融資のデメリット

・審査に日数がかかる
・必要書類が多い

銀行借入

日本で最もメジャーな資金調達方法です。
信用保証協会の保証付融資、銀行が独自に融資するプロパー融資があります。会社の信用度が低い企業は保証協会の保証付融資を、大企業などの信用度が高い企業はプロパー融資をするのが一般的です。

銀行借入のメリット

・金利が低い
・融資実行により対外的な信用度アップにつながる

銀行借入のデメリット

・審査のハードルが高い
・融資実行まで時間がかかる

手形割引

企業がサービスを提供した時、売掛債権ではなく手形で支払われるケースがあります。売掛債権より手形は支払いまでの期間が長いことから、銀行に買い取ってもらい現金化する仕組みが手形割引です。もし、手形が不渡りを出してしまった場合、銀行から買戻しをしないといけないため、融資に分類されます。

手形割引のメリット

・調達までのスピードが早い
・銀行融資が受けれない場合でも可能

銀行借入のデメリット

・不渡りになった場合、弁済が必要