「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ビジネスローン 2019.06.10

ビジネスローンのメリット|柔軟性あり

ビジネスローンを多くの企業が利用していますが、なぜ資金調達法はたくさんあるのに、ビジネスローンが選ばれているのでしょうか?
それはもちろんメリットがあるからです。

ではビジネスローンのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
実は柔軟性があるのです。

他の資金調達法にはかなり制限が設けられているものもあり、使い勝手という意味ではあまり良くいないものも・・・
でもビジネスローンについては自由度が極めて高く、調達後の資金の使いみちも制限されることもありません。

こちらではビジネスローンのメリットである柔軟性について詳しく解説します。

使途が限定されないビジネスローンのメリット

資金調達した資金ですが、使いみちが限定されてしまったらどうでしょうか?
運転資金目的で調達したお金は、設備投資には利用できないということになります。
さらに設備投資目的で調達したお金は運転資金には利用できない、ということになります。

もう少し細かくお伝えすると、設備投資するにもAという設備を購入するために調達したのであればBという設備の投資には利用できないことも考えられるわけ。

でもビジネスローンであれば使途は限定されません。
調達したお金が自分たちの判断で利用できる、ということになるのです。
設備投資に利用しても良いですし運転資金として使ってもOKです。
融資されたお金を会社留保にする、ということも可能。

時期によっては季節商品の仕入れのために資金の調達が必要になることもありますよね。
そんなときには設備投資目的の資金調達をしていると、応用ができないわけです。仕入れは運転資金に該当するからですね。

でもビジネスローンを利用していれば、どのように使っても文句を言われることもありません。利用規約に触れることはないのです。

様々な状況に対応できる、という面でビジネスローンは優れているということ。

ビジネスローンから融資されたお金で税金を支払っても良いのか?

税金の支払いに利用してもOKです。

・法人税
・所得税
・消費税

などなど、会社には様々な税金がかかってきます。
税金の季節になると、一気に資金難になってしまう、ということもあるでしょう。

でも税金のための資金調達ってできないようなイメージもありますよね。そもそも税金を支払うのが大変な会社に対してお金を出してくれる業者はほとんどありません。

でもビジネスローンであれば、比較的審査難易度は低く設定されています。さらに納税目的とした資金調達もOKとしてくれているので、税金未納状態を防ぐためにも活用できるということ。

税金は支払えないと、利息のようなものがついてしまい本来よりも高く支払わなければならないようになってしまいます。そういった状況を避けるためにも、資金調達を有効活用していくことが肝心です。

また税金未納状態で銀行融資などは基本的に受けられません。審査の厳しい融資は税金の支払状況をチェックするために納付書などを必要書類としてくることもあるからです。

これから大きな資金調達を計画している、という会社もあるでしょう。
そういった会社はまずはビジネスローンなどを活用して税金を支払ってしまいましょう。
後々の資金確保が格段にしやすくなりますよ。

ビジネスローンは個人向け利用も可能なのか?

いくら柔軟性に優れるビジネスローンだからといって個人向けの利用は禁止です。
ビジネスローンは事業資金として自由度が高いものです。
個人利用目的の場合は、個人向けローンなどを活用する他ありません。

例えば家族旅行であるとか個人の生活費などに利用したいのであれば、個人向けの銀行カードローンや個人向けの消費者金融を利用してください。