「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ビジネスローン 2019.06.10

ビジネスローンの審査に落ちてもあきらめるな!中小に申し込もう!

ビジネスローンの審査に落ちてしまった経験がある方は少なくありません。そもそも企業が融資を受ける、ということは難しいのです。貸し出す側としては倒産リスクというものも考えなければなりません。そもそも融資を受けたいという企業は、基本的に経営がうまく言っていないことが多いですから・・・。

しかしビジネスローンの審査を突破するコツというものがあることも事実。そのコツを理解してしまえば、融資を受けられる可能性が高まるということ。

こちらではビジネスローン業者選び、というところに注目してみました。
ビジネスローンと言ってもいろいろな業者がありますよね。大手もありますし、中小もあります。

大手と中小であれば、どちらを利用したほうが審査は突破しやすいのでしょうか?

中小の業者の方が審査の突破率が高い理由

大手と中小であれば、中小のほうが審査難易度は低いです。

実は大手と中小では審査の中身が大きく異なっているのです。
大手ではスコアリング審査、というものに対応しています。各種情報を点数化して自動的に審査を行ってしまうものです。
しかし中小の業者はスコアリング審査を採用していません。よって人が行うことになるのです。

ではなぜスコアリング審査のほうが審査難易度は高くなってしまうのでしょうか?
その理由の一つに、一つでも悪い情報があると大きく減点されてしまう、というものがあります。たとえば資産が少ない場合には、その分大きく限定されてしまうことに。そういった悪い情報が足を引っ張ってしまい、審査落ちの憂き目にあってしまうのです。

一方で中小の消費者金融ですが、人によって審査を行います。人によって審査を行うということで、なにかしら良いところがあると加点してくれる可能性があるわけです。

要は大手の審査は減点方式で中小の審査は加点方式、といっても良いかもしれません。なにか見どころがあれば融資をしてくれる可能性があるのです。だから審査難易度は低いとされています。

気になってしまうのが、なぜ中小のビジネスローン業者はスコアリング審査を採用していないのか、という部分でしょう。中小のビジネスローン業者ですが、実は資金力に大きな問題を抱えています。大手のように多額の資金がないわけですね。
そもそもスコアリング審査には膨大なコストが掛かります。導入するだけで数千万円が発生するともされてり、資金力の乏しい中小ではとても導入できないわけ。

中小のビジネスローン業者の審査を突破するコツとは?

・少額の申し込みを行う
・利用実績を作る
・利用目的を明確にする

中小のビジネスローンのほうが大手よりも利用しやすいことは確かです。だからといって100%審査に通るか、と言われればNOです。

こちらでは中小のビジネスローンの審査を突破するコツについてお教えします。

まず注目すべきは申し込み額です。
審査難易度は申し込み額に大きな影響を受けるので、なるべく必要最低限にしましょう。要は少額の申し込みをしたほうが審査では有利になるのです。

利用実績も大きく関わってくるので見逃せません。
過去に利用した実績がある方が審査では高く評価をしてもらえます。もちろん「返済で遅れがでなかった」などの条件も必要になってきますが、過去に利用してもらっている人のほうが安心して業者側も融資できるのです。

最後に利用目的も明確にしておいたほうが良いでしょう。
何のために借りようとしてるのかわからない」という状況であると、業者側も不安になってしまうのです。そこで「1ヶ月分の運転資金」や「何かしらの設備投資資金」といったような目的を明らかにしておきましょう。

もちろんビジネスローンの使途は限定されていません。限定されていないからと言って使途を明確にしないのはマイナスです。明らかにして業者を安心させましょう。