「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ビジネスローン 2019.06.10

ビジネスローンの審査に通りたいなら!借入希望額を引き下げよう

ビジネスローンの審査を受けたいけど、突破できるか心配、という方はかなり多いのではありませんか?
もしかしたら、すでに審査落ちになってしまった経験がある方もいるでしょう。そこで考えておきたいのが、どうすれば審査に通過できるのか、というところ。

ビジネスローンの審査ですが、実は一定の傾向、というものがあるのです。傾向を理解していれば、審査は格段に突破しやすくなります。問題はその傾向をしっかりと理解をして、その対策をした上で申し込みを行っているのか、というところ。

こちらではビジネスローンの審査難易度と大いに関わっている借入希望額について詳しくお伝えします。

借入希望額と審査難易度はどう関係しているのか?

・借り入れ希望額が少額である・・・審査難易度は低め
・借入希望額が高額である・・・審査難易度は高め

借入希望額が高くなればなるほど、審査は難しくなります。よって審査に自信がない、という会社であれば借入希望額はなるべく少額設定にしましょう。

そもそもビジネスローン各社ですが、スコアリング審査を採用しています。スコアリング審査とは、各種情報を点数化してその点数によって審査を決定する方法です。

例えば黒字幅がこれくらいの会社であればいくらまで貸しても大丈夫、といったことがすぐに分かる審査方法なんですね。例えば500万円の融資を希望されれば、過去に500万円を融資した企業データなどを参考に貸し倒れ率を計算しているのです。

仮に各データの点数が借入希望額の割に低かった場合には、審査落ちになる確率が高くなります。要は良い条件の会社しか高額の借り入れはできないということ。
なのに高額の借り入れを希望してしまえば、審査が厳しくなってしまうのは当然のことですよね。

もちろん毎年黒字を出している堅実な企業であれば、高額な希望を出しても審査を突破できる可能性はあるでしょう。しかし審査難易度が高くなることは間違いありません。

将来的には高額の融資を受けたいけど審査に自信なし!どうすれば?

考え方を変えてみましょう。
まずは少額の申し込みを行ってみるのです。
少額の申し込みを行って1度完済してください。実はその利用実績が審査に大きな影響を与えることが分かっています。

ビジネスローン業者としても、返済をしてくれた方に対しては高く評価をします。またお得意様ということにもなるので、審査難易度は当然低くなるのです。

最初に数十万円などの借り入れを実施し完済します。そして後に高額の借り入れをお願いしてみるのです。業者は過去の取引実績もみて、信頼できる相手、と判断してもらえれば貸し出してもらえる可能性があります。

要は増額依頼を出す、という形になるわけですね。
業者が設定している最高利用限度額の範囲内であれば、増額依頼は出せるので安心してください。

もちろん増額依頼を出したとしても審査落ちをしてしまう可能性はあります。経営実績なども審査には大きく関係してくるので、申し込みは必要最低限の額で行うべきです。

仮に高額の借り入れができたとしても、返済が大変になってしまえば意味がありませんからね。借り入れたことが原因で倒産してしまう、といったケースも珍しいわけではありません。

スコアリング審査を採用していない業者に申し込むときも少額のほうが良いの?

少額のほうが審査は突破しやすいです。

確かに中小のビジネスローン業者であるとスコアリング審査を採用していないところも珍しくありません。しかし少額のほうが審査基準は下がるのです。審査は格段に突破しやすくなるので、やはり必要最低限の額で申し込みを行うのがおすすめです。