「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ビジネスローン 2019.06.10

ビジネスローンの審査の特徴|スコアリングシステムって何?

ビジネスローンは審査を受けなければ利用できません。
ビジネスローンの審査の方法の一つにスコアリングシステムと呼ばれているものがあります。個人向け融資でも行われているものです。
主に大手の審査で実施されている審査方法であり、中小では採用されていません。

実はスコアリングシステムの導入にはかなりのコストがかかるのです。
一説にはシステムを導入するだけで数千万円かかるということであり、実質的に大手しか導入できないのです。

こちらでは大手のビジネスローンを利用する方に向けて、スコアリングシステムとはどういった審査方法であるのかをお伝えします。

各種情報を点数化して審査をするものである

申し込みを行うときには、様々な情報を提供しますよね。
決算書であるとか、経営者の情報なども提供することになります。
その提供された情報を、ひとつずつ点数化して加算していくのです。

加算された点数が一定以上であると審査突破、一定以下であると審査落ち、ということに。
要は審査をスムーズに行うために導入されているものなのです。

特に重要視されるのが、経営状態です。
経営状態が良いということは、返済能力が高い、ということになります。よって貸し出す方としては安心できるわけ。
一方で赤字であると、返済できなくなるかもしれません。返済能力が低いと判定されることになり、審査落ちの原因になってしまうことも。

ちなみに黒字幅や赤字幅も審査に大きな影響を与えます。
ちょっとした黒字であると大きく加点されるわけではありません。また少額の赤字であれば、それほどマイナスされることもないのです。

一方、2期連続で黒字であるなどの結果を出している企業であれば、当然高く評価されることに。逆に2期連続で赤字になっている企業は低評価されてしまいます。

ビジネスローンなので会社の情報は審査対象になりますが、実は経営者の個人信用情報も審査には関わってくることに。

過去に経営者が債務整理していた場合にはブラック対象となってしまうので、ビジネスローンの借り入れは不可能に近いです。

またクレジットカードの支払いやカードローンの支払い出遅れを出した経験がある方も、スコアリング審査ではマイナス評価となってしまうので注意してくださいね。企業の業績だけではなく経営者のクレジットヒストリーも審査に大きく関わってくるのです。

スコアリング審査のメリットとは?

融資までのスピードが圧倒的に早くなります。

昔のビジネスローの審査は基本的に全て人が行っていました。
人が様々な情報をチェックして融資の当落を決めていたのです。

当然、人が行うことなのでどうしても時間がかかってしまいます。
審査だけでも1週間から2週間ほどかかることはザラで、中には1カ月以上かかってしまうケースも・・・。

しかしスコアリング審査って半自動的な審査なのです。
様々な情報を打ち込むことで審査結果が自動的に出てしまうような感じです。

スコアリング審査が行われるようになって、ビジネスローンでも最短即日融資が可能になりました。
どうしても当日中に融資をしてもらわなければ困る、ということもありますよね。「支払期日が本日である」ということもあるでしょう。そんなケースでもスコアリング審査のおかげでビジネスローンから資金調達ができるようになったのです。

スコアリング審査が導入されている業者の審査難易度は高いのか?

審査難易度に関しては一概に高いとは言えませんが、導入していない業者と比較して高い可能性はあります。

スコアリング審査に関しては、自動的に審査結果がでてしまいます。よってそこに人の判断は一切入りません。一つでもブラックな情報があれば審査落ちです。

しかしスコアリング審査ではないと、総合的に判断してくれます。よってスコアリング審査を導入していない中小のビジネスローンのほうが審査難易度は低い可能性があるんですよ。