「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ビジネスローン 2019.06.10

ビジネスローンの審査難易度|メガバンクと消費者金融の難易度の差とは?

ビジネスローンの審査難易度は業者の対応によっても大きく異なります。よってどの業者のビジネスローンを利用するのか、ということが極めて重要になってくるわけ。

あなたの会社が黒字続きで会社の規模も大きいのであれば、審査難易度が高い業者が提供しているビジネスローンでも利用できますよね。
あなたの会社が赤字続きであり会社の規模も小さいのであれば、審査難易度の低い業者が提供するビジネスローンしか利用できません。

ビジネスローンを提供する業者のタイプと審査難易度が把握できれば、自身がどのビジネスローンを利用すれば良いかも見えてきますよね。

こちらではメガバンクが提供するビジネスローンの審査難易度と消費者金融が提供するビジネスローンの審査難易度の違いについて明らかにします。
どちらのほうが審査難易度は高いのでしょうか?

メガバンクの審査難易度は極めて高い!~リスクについて~

ビジネスローンを提供する業者の中でも、最も審査難易度が高いとされるのがメガバンクの提供しているものです。基本的にメガバンクは大手との取引を重視しています。よって中小の業者に対してはビジネスローンを提供していないことがほとんど。

一方の消費者金融系のビジネスローンの審査難易度はどうなっているのでしょうか?
実は極めて低くなっています。

個人向けローンに置き換えると理解しやすいかもしれませんね。
個人向けローンには銀行カードローンと消費者金融のカードローンがあります。もちろん銀行カードローンのほうが審査難易度は高いですよね。

なぜ銀行カードローンのほうが審査難易度は高いのでしょうか?
その理由は融資内容にあります。

銀行カードローンは消費者金融のカードローンと比較して、高額の融資にも対応していますよね。年率も低めです。要は借り手にとって条件の良いローンを提供しているということ。
逆に考えてみると、銀行はリスクの高い商品を提供しているのです。だから審査難易度を高くして、貸し倒れが少しでも発生しないように対処してくるわけ。

全く同じことがビジネスローンでも言えます。
メガバンクは資金力も豊富です。全国各地の方から預金を募って、それを元手に融資などで運用しているわけ。金利ももちろん低く提供できます。高額の融資も問題ありません。

でも好条件の貸し出しを行うと、貸し倒れたときのリスクってかなり大きいですよね。

消費者金融のビジネスローンであれば1件あたり数十万円の融資になるでしょう。仮に1件貸し倒れても数十万円程度の損失で済む計算です。
でもメガバンクとなると1件あたり数千万円の融資になることも。よって1件貸し倒れると数千万円の損失になることも考えられるわけ。

リスクを避けるためにメガバンクは審査難易度を高くします。

メガバンクから借りられない会社の受け皿になる消費者金融

あなたは好条件の業者と低条件の業者どちらを利用したいでしょうか?
もちろん好条件の業者ですよね。

皆さん考えることは一緒です。
まずは好条件であるメガバンクのビジネスローンの審査を受けるのです。

メガバンクとしては、多くの申込者がいるので選別できます。リスクが少ないとされる方だけに貸し出すことができるわけ。

しかし借り入れできなかった方は困ってしまいますよね。
そこで受け皿となるのが消費者金融です。
融資してもらえなかった方は審査難易度が低い消費者金融に申し込みを行います。

消費者金融としても、融資しなければなりません。よって申し込みをしてくれた中から一定の基準をクリアした方に貸し出しを実施するわけです。

もちろんその基準はメガバンクの審査基準よりも低いということですよ。