「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ビジネスローン 2019.06.10

銀行系ビジネスローンを利用するメリットとは?

ビジネスローンには銀行系ビジネスローンとノンバンク系ビジネスローンがあります。どちらを利用しようか悩んでいる方もいるのではありませんか?

こちらでは銀行系ビジネスローンを利用するメリットについてお伝えします。

銀行系ビジネスローンは金利や限度額、さらには信用性に大きな特徴があります。それらを理解した上で利用するかを判断しましょう。

銀行系ビジネスローンのメリットその1~信用できる~

闇金の心配をする必要はありません。

銀行が闇金であるはずがありません。そもそも認可を受けなければ銀行を名乗れないからです。信用できる相手と取引することになるので、その安心感は大きなメリット、といっても良いですよね。

ちなみにノンバンクのビジネスローンですが、もちろん貸金業の登録をしなければ本来は営業できません。しかし闇金が多く紛れ込んでいる実態もあるのです。偽の登録情報などをホームページなどに掲載して、利用者を募っていることもあります。

闇金を利用してしまうと大変なことになります。
非合法的な取り立てがおこなわれたり、1,000%以上の年利が発生したりすることも・・・。

利用してしまった場合には、まずは弁護士に相談しましょう。
もちろん非合法な存在なので返済する必要はありませんよ。

銀行系ビジネスローンのメリットその2~金利が低い~

銀行系ビジネスローンの金利は高くても年15.0%程度です。
条件によっては年10.0%以下でも借り入れできるので、金利重視の資金調達を考えているのであれば銀行系ビジネスローンを選択しましょう。

ではノンバンク系ビジネスローンの金利はどの程度なのでしょうか?
基本的に年10.0%から20.0%程度に設定されています。
数十万円の借り入れのときは年18.0%が設定されることがほとんどなので、金利の返済額がかなりのものになってしまう可能性があるのです。

ちなみに金利の支払額を引き下げるコツとしては、余裕がある時におおめに返済する、ということです。いわゆる「繰り上げ返済」をうまく活用していきましょう。

ビジネスローンの返済は、基本的にリボ払いに設定されています。月々の返済額は少額なので楽ではあるのですが、返済期間が長期化しやすく、いつまでたっても元金が減っていきません。なので余裕がある時に繰り上げ返済をして、金利の支払額を減らすのです。

また銀行系ビジネスローンの中には金利が高いものもあるので、低いローンへの借り換えを検討するのもおすすめです。
ちなみに銀行融資であると、銀行との関係性から繰り上げ返済はご法度とされています。しかし銀行系ビジネスローンは、付き合いのない銀行からの借り入れも可能。よって借り換えをしたとしても大きなダメージを受けることはありません。

魅力的な借り換え先が見つかった場合には、積極的に借り換えを検討しましょう。

銀行系ビジネスローンのメリットその3~高額の借り入れが可能である~

あくまでノンバンクと比べて、ということになりますが銀行は資金力があるので高額のローンにも対応できます。
ビジネスローンは無担保ですが、3,000万円前後の貸し出しに応じてくれるところもあるのです。

ただし高額の借り入れとなると、当然審査難易度は高くなってしまいます。それなりに銀行側に評価をされなければ借り入れは難しいです。
例えば赤字続きであるような場合は、審査落ちになる確率が極めて高いです。返済能力が低いと判断されてしまうので仕方ありません。

高額の資金調達をするためには、まずは業績が良いことです。黒字であること、さらに資産が豊富であれば言うことありません。特に現金などの流動資産がたくさんあると、高く評価されるので高額融資の対象になりやすいです。