「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ビジネスローン 2019.06.10

銀行融資とビジネスローンの違いってなんだ!?

資金調達を融資で行う、と考えるときにはいくつかの選択肢があります。
多くの方が銀行融資とビジネスローンで悩むではありませんか?

銀行融資とビジネスローンは、どちらも融資です。利用をしたら返済しなければならない、という部分は一緒ですが、その他に違いがあるのです。

こちらでは銀行融資とビジネスローンにはどのような違いがあるのかを明らかにします。
違いを理解することで、どちらを利用したらよいかの判断材料を得ることにも繋がりますよね。

現在、どちらを利用しようか迷っている、という方が必見です。

銀行融資とビジネスローンの違い|審査難易度編

審査難易度は銀行融資のほうが高いです。

銀行融資のほうが審査は厳しくなるのは当然といえば当然です。貸付条件が良くなっており、銀行にとってはリスクが高いからです。

ビジネスローンと比較して銀行融資は高額になるケースが多くなっています。数千万円や億単位の貸付を行うこともあります。さらに金利のもかなり低くなっており、返済能力を厳しくチェックされることになります。今後の収益の見込み状況によっては審査落ちになる確率が格段にアップしてしまうので注意しましょう。

銀行融資もビジネスローンも基本的に審査で見るところは一緒です。

・黒字か?赤字か?
・事業規模は大きいか?小さいか?
・将来性はあるのか?ないのか?
・経営者の個人情報に問題はあるのか?ないのか?

以上の中身全てで銀行融資はビジネスローンよりも高い基準で審査をしているのです。

ビジネスローンを審査落ちした方が銀行融資を利用できるケースは少ないですが、逆に銀行融資に落ちた人がビジネスローンを利用できたケースは多いです。ビジネスローンは銀行融資を受けられなかった人の受け皿になっているのです。

銀行融資とビジネスローンの違い|融資額編

融資額は銀行融資のほうが圧倒的に高くなっています。

銀行融資の融資額は数千万円が基準です。会社によっては億単位の融資を受けることも可能です。

そもそも銀行融資とビジネスローンでは利用している会社の規模に違いがあります。

・銀行融資を利用する企業・・・大手
・ビジネスローンを利用する企業・・・中小

銀行融資に関しては、規模の大きな会社が利用するので、数百万円程度の融資では意味がありません。少なくても数千万円が必要であり、大きな設備投資を行うとなると数十億円が必要になりこともしばしば。それらの要望に答えるために銀行融資があるのです。

ビジネスローンは数十万円から数百万円が平均的な融資額となっています。主に中小企業の運転資金を提供していることになります。中小が相手なのでそもそも高額は必要ありません。なので少額メインで貸付けを実施しているのです。

銀行融資とビジネスローンの違い|審査時間編

ビジネスローンのほうが審査にかかる時間は短いです。

ビジネスローンの場合は最短即日融資も行っており、審査は簡略化されているのです。業者の中にはスコアリングシステムを採用しているところもあり、半自動的な審査で対応しているケースもあるわけ。

銀行融資に関しては審査時間が長くかかります。1ヶ月程度かかってしまうケースもあるので、早急な資金調達を希望している方にはあまり向いていません。

時間がかかる理由としては、審査難易度が関わっています。審査難易度が極めて高いわけですが、様々な情報を多角的に調査します。担保型の融資ではなかったとしても、持っている資産などの価値も調べるのでその分時間が余計にかかってしまうのです。事業計画書の中身も吟味されることになるので、早かったとしても審査結果が出るまでには2週間から3週間はかかってしまいます。