「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.06.11

ファクタリングが他の調達方法と違い調達までの時間が短い理由

金融機関やファクタリング会社から資金を調達するにあたって必ず審査を行います。
審査なしの無条件でお金を貸し付けるところは現実的に無いです。

急に資金が必要になってしまった場合、この審査期間が経営者にとってはストレスです。
銀行などの審査だと1ヶ月以上かかってしまうケースもあります。
さらに、1ヶ月待ったからといって確実に融資を受けられるわけではありません。

ファクタリングは審査期間と調達までのスピードが銀行融資、ビジネスローンに比べて短くなるケースがほとんどです。
ここでは、ファクタリングが調達までのスピードが早い理由を説明します。
※全てのファクタリング 会社で同じことが言えるわけではありません。即日の資金調達が必要な場合、即日対応可能なファクタリング会社を選ぶことです。

理由 審査が比較的シンプル

銀行融資とファクタリングの審査を比較したいと思います。
資金調達での審査は、融資した場合、きちんと返済できる可能性が高い否かで判断します。もちろん、何があるかわかりませんので、確実に返済できる保証はありません。なので金融機関は、返済できる可能性が一定基準以上あれば審査を通します。

銀行の審査基準

・会社情報
・代表者個人情報
・担保物権
・連帯保証人個人情報
などがあげられます。
会社に返済能力があるか?
万が一会社が倒産した場合、代表者や保証人に返済する能力があるか?
などを、決算書や代表者、連帯保証人の信用情報をもとに判断します。

ファクタリング 会社の審査基準

・会社情報
・売掛金
などです。
ほぼ、会社情報と売掛金の審査になります。
会社情報の審査は、銀行の審査のように決算状況はあまりみません。1番見られるところが税金や社会保険料の滞納です。
もし、税金や社会保険料を滞納していた場合、売掛金を税務署や社会保険事務所が差押えをする可能性はゼロではありません。
実際このようなケースでファクタリング会社への支払いができなくなってしまったケースがあったと聞いたことがあります。
次に売掛金です。
ファクタリング会社はこの売掛金が本当に回収可能かを判断します。
極端な例ですが、契約書と請求書を偽造してファクタリング会社に申し込んだり、架空の売掛金で申し込むケースは多くはありませんが多々あります。
ファクタリング会社の場合、回収可能であり差押えの危険性が低い場合、審査を通すケースが多いです。
ファクタリング審査で、税金や社会保険料を滞納していない証明、売掛金の信憑性の証明が出来れば即日融資も十分ありえます。

このように、調達までの時間が短い理由は、ファクタリング審査が銀行審査などと比べると非常に簡単であることです。