「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.07.28

ファクタリングのデメリットについて徹底的に解説

メリットも多いファクタリングですが今回はデメリットについて徹底的に解説します。ファクタリングはメジャーな資金調達方法の1つですがデメリットはあります。全ての資金調達方法にデメリットはあります。

手数料が他の資金調達方法と比べると割高

銀行融資やビジネスローン、政策金融公庫などの公的資金で資金調達を行う場合は金利が発生します。
調達方法によりますが年利で20%未満です。ファクタリング手数料は上記の金利よりも割高になります。
三社間ファクタリングと二社間ファクタリングで手数料相場が異なりますが、三社間ファクタリングだと1%〜10%、二社間ファクタリングで5%〜30%です。また、ファクタリング会社によって手数料が異なります。
手数料が10%で1000万円の売掛債権を売却した場合、手数料で100万円かかってしまいます。
このようにファクタリングは、他の調達方法と比べて割高な調達方法と言えます。
ただ、審査の柔軟性や調達までのスピードは魅力ですので、メリットと手数料を天秤にかけてご検討ください。

債権譲渡登記を求められることがある

買取金額が高額になったり、ファクタリング会社の規定により債権譲渡登記を求められることがあります。ファクタリング会社は回収できないリスクを減らすために行うことが多いです。
債権譲渡登記を行うと債権を譲渡したことが誰にでもわかってしまいます。
売掛先がわざわざ登記情報を調査する可能性は極めて低いですが、完全に秘密というわけではありません。万が一、取引先が債権譲渡の事実を確認した場合、会社の信用低下に繋がってしまう可能性は否めません。
さらに債権譲渡登記を行うと数万円程度の登記手数料がファクタリング手数料とは別にかかってしまいます。こちらもデメリットになると思います。

三社間ファクタリングの場合、取引先に知られることになる

二社間ファクタリングと違い三社間ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に譲渡する承諾を売掛先から取らなくてはいけません。
また、売掛先からファクタリング会社に売掛金を支払わないといけないため必然的に売掛先に知られてしまいます。
ファクタリングを行なっているということは、資金繰りが悪いと思われますので取引先に不信感を与えてしまう場合があります。

ファクタリング会社の選定が難しい

現在、日本には数多くのファクタリング会社があります。前項でも記載したようにファクタリング会社によって手数料が大きく変わります。ファクタリング手数料が高額に資金繰りがさらに悪化してしまう場合があります。また、闇金のような悪質なファクタリング会社もありますので、そのような会社にあたってしまうと大火傷してしまう可能性はあります。また、ファクタリング会社は売掛金を回収できないリスクを常に抱えています。何かあった時にトラブルにならないよう良好な関係になれるファクタリング会社を選定した方がいいです。

以上がファクタリングのデメリットになります。
メリット、デメリットは理解して失敗しないファクタリングが行えればと思います。