「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.07.28

ファクタリングのメリットについて徹底的に解説

ファクタリングのメリットについて徹底的に解説

ファクタリングのメリットについて徹底的に解説します。ファクタリングでの資金調達を護憲途中の方は是非参考にしてください。

①簡単に調達できる

ファクタリングは銀行融資、ビジネスローン、公的資金の借入、クラウドファクタリングなどと比べると簡単な手続きで調達することができます。
その理由は、ファクタリングの審査がシンプルであることが一番の理由です。
ファクタリングの審査は、対象の売掛債権が回収できる可能性が高い低いかで判断します。
ちなみに、上場企業や有名企業からの売掛金などは回収できないリスクが低いと判断されやすいです。
また、審査に必要な書類も一般的に
・登記簿謄本
・決算書
・銀行口座の利用履歴
・売掛金を証明する書類
・納税証明書
・社会保険納付証明書
になります。銀行などのように経営計画書などの書類を作成する必要はありません。
このようにファクタリングは、簡単に調達できる資金調達方法といえます。

②即日調達可能

二社間ファクタリングの場合、即日調達可能が可能です。もちろん即日調達が可能なファクタリング会社に依頼することが大前提です。
なぜ、ファクタリングは即日調達が可能なのでしょうか?銀行融資やビジネスローンなどはほぼ即日の調達はできません。
調達までに時間がかかる一番の理由は審査に時間がかかってしまうことです。
銀行やノンバンクは債権をきちんと回収できるか判断します。それには、現在の財務状況や経営計画書を元に今後の見通しなどを分析して判断しなくてはいけません。
とても1日で判断できる内容ではありません。
それに対してファクタリングは、売掛金が回収できるか否かで判断します。
前項でも述べましたが、有名企業や上場企業からの売掛金などは審査に通りやすいです。
即日調達が可能なファクタリングですが、審査に必要な書類が足りない場合や、売掛金先の情報に不安がある場合は即日の調達が難しいことがあります。
即日調達可能なファクタリングとはいえ、余裕を持った申し込みをしてください。

③信用情報に影響しない

ファクタリングは借入ではありません。売掛債権の買取です。会計上も負債に分類されず、赤字決算の場合、決算上赤字が増えることはありません。
銀行融資やビジネスローンを申し込む場合、審査に過去のファクタリング取引が影響することはありません。

④回収義務がない

万が一、買い取ってもらった売掛債権の売掛先が倒産した場合も売主は責任を負う必要がありません。
これは売上債権に償還請求権が適応されないためで、業界ではノンリコースと呼ばれています。
売掛先の倒産リスクを回避するためにファクタリングを利用できるのもメリットです。
近年、唐突に会社が倒産してしまうことも少なくはありません。そんな唐突な倒産リスクを回避することが出来ます。

⑤資金繰りがよくなる

ファクタリングは支払い期日前の売掛債権を資金化できるものです。基本的に売掛債権は支払い期日にならないと資金にはなりません。
ファクタリングを使えば、月末に入金される予定の売掛債権を月初に資金ができたりするため、資金繰りが良くなります。
資金がなくなれば会社は倒産する可能性がありますが、ファクタリングで早期資金化することにより会社倒産のリスクも回避できます。

⑥賃借対照表がスリム化され信用アップに繋がる

貸借対照表がスリム化します。
償還請求権なしの債権譲渡を行うファクタリング会社を選べば、売掛先が倒産などで売掛債権が回収できなくなった場合でも、こちらが負担する必要がなく貸借対照表でも負債にならないというメリットがあります。
決算上も負債にならないため、銀行やビジネスローンに申し込む際も会計上の見え方も良くなります。

⑦売掛先に知られずに調達できる

二社間ファクタリングの場合、売掛先に知られることがなく調達することが必要です。
売掛先も取引先のため、取引先に知られると会社の信用低下に繋がってしまいます。
逆に三社間ファクタリングの場合は、売掛先の承諾が必要になるため、必ず売掛先にファクタリングを行なっていることが知られてしまいます。