「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.07.29

ファクタリングの利用を検討すべき状況

ファクタリングの利用を検討すべき状況

ファクタリングはある意味、資金調達の最終手段です。手数料が他の資金調達方法と比べて手数料が割高のためファクタリング会社選びやタイミングを間違えると資金繰りが更に悪化してしまう可能性があります。
下記にファクタリングの利用を検討しなくてはいけない状況をまとめております。

銀行やノンバンクからの借入ができない状態

銀行やノンバンクから借入ができないということは会社情報や代表者個人情報などで何かしら問題がある可能性が高いです。会社の信用情報で借り入れすることができない状態です。ファクタリングは、銀行やノンバンクの審査に落ちても売掛債権がしっかりしていれば調達できる可能性が高いです。

税金や社会保険料を滞納している場合

税金や社会保険料を滞納している場合、関係各所に相談せずに放置していると銀行口座にある資金や売掛債権を差押えられる可能性があるため、銀行やノンバンクは積極的に融資してくれません。
ファクタリングも、滞納して差押えられるリスクが高い場合は、ファクタリング審査に落ちてしまいます。ですが、関係各所と相談してきちんとした支払い計画を立てるとファクタリング審査に通る可能性もあります。税金や社会保険料を滞納していて、ファクタリングを申し込む際は滞納があり関係各所と支払い計画を立てていることを説明してください。

早急に資金が必要な場合

銀行やノンバンク、政策金融公庫などは審査に1ヶ月程度お時間がかかってしまいます。たとえば、1週間以内にまとまった資金が必要な場合は、銀行などからの調達は間に合いません。
ファクタリングは、会社にもよりますが最短で即時、売掛債権を資金化することができます。
知り合いや身内からの借入以外で最短で調達できる方法です。
また、銀行融資などの審査待ち期間のつなぎ資金としてファクタリングを利用するのもいいでしょう。

売掛金の回収できないリスクがある場合

取引先の業績不振などで、売掛金が回収できないリスクが少しでもあれば不安だと思います。もし、売掛先が倒産して入金されなければ今度は自社が倒産の危機に陥ってしまう可能性があります。
少しでも不安があれば早期に資金化することができるのがファクタリングです。
倒産の不安がある場合は三社間ファクタリングを選択すれば更にリスクは少なくなります。

まとめ

・銀行やノンバンクからの借入ができない状態
・税金や社会保険料を滞納している場合
・早急に資金が必要な場合
・売掛金の回収できないリスクがある場合

このようにファクタリングは資金調達の最終手段です。資金繰りが改善ができるよう少しでも手数料の安いファクタリング会社を選択した方がいいです。