「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.06.10

ファクタリングの種類~買取ファクタリング編~

~前回のおさらい~
買取ファクタリングとは、企業が売掛金を早期に現金化したい場合に使われるファクタリングのことです。
この買取ファクタリングには2社問と3社問に分かれており、一般的には3社問が知られています。
この2つの違いについてお話していきましょう!!!

2社問ファクタリング

2社問ファクタリングとは、「ファクタリング会社」と「利用者様」の2社のみで行われる契約のことです。この2社問ファクタリングでは売掛先の企業に知らされることがなくファクタリングが利用できるというメリットがあります。
売掛先に信用不安などのイメージがもたれてしまう心配がなく早期資金化できるため、主に中小企業で活用されています。しかし、3社問ファクタリングに比べて手数料が高いというデメリットもあります。

《2社問ファクタリングの流れ》

売掛先と取引により、売掛金が発生(お客様 ← 売掛先)

ファクタリング会社に売掛金を売却(お客様 → ファクタリング会社)

売掛先の信用にて割り引かれる買取額を入金(ファクタリング会社 → お客様)

売掛先から支払期日に売掛金の支払い(売掛先 → お客様)

売掛金の売却額の支払い(お客様 → ファクタリング会社)

履行による債権の破滅

3社問ファクタリング

3社問ファクタリングとは、ファクタリング契約の主体が「ファクタリング会社」と「利用者様」と「売掛先(取引先)の企業」の3社で行われる売掛金の早期資金化による資金調達法です。
2社問ファクタリングとは違い、売掛先の同意が必要なため、ファクタリング会社が売掛先へ直接支払いの請求をできることが特徴であり、利用者は売掛金の請求などの管理業務の負担が軽減されるメリットがあります。また、2社問ファクタリングと比べ、手数料が低いことから主に大企業のお客様が利用しています。

《3社問ファクタリングの流れ》

売掛先と取引により、売掛金が発生(お客様 ← 売掛先)

ファクタリング会社に売掛債権買取代金の引き渡し(お客様 → ファクタリング会社)

債権譲渡の通知又は承諾(お客様 → 売掛先)

売掛先から支払期日に売掛金の支払い(売掛先 → ファクタリング会社)

売掛先の承諾を得ることがそれほど難しくなく、今後の取引に悪影響が出てしまうリスクがあるので「支払企業の承諾を得る」ことは慎重にやる必要があります。