「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.06.13

ファクタリング手数料を安くする方法

ファクタリングの手数料はビジネスローンや銀行借入などと比べるとかなり高いです。
仮に100万円の売掛金債権を手数料20%でファクタリング すると20万円ファクタリング会社に手数料を払うことになります。会社の状況によりファクタリングを使わざるおえないケースは少なくはないと思います。
ファクタリング手数料が15%になれば1ヶ月5万円の経費削減になります。
ここでは、今よりもファクタリング 手数料を下げる方法を紹介します。

他のファクタリング 会社へ乗り換える

1番手っ取り早いのが他のファクタリング会社に乗り換えることです。
ネットで検索すれば数多くのファクタリング会社がヒットします。まずは手数料の安いファクタリング会社から見積りを取ることです。
見積りを取るときのポイントは今のファクタリング手数料を正直に伝えることです。
可能であれば、今の契約書を見せてみてください。
ファクタリング会社も顧客を増やしたいので手数料を安くしてでも自社の顧客にしようとします。
かなりの高確率で今より安い手数料を提示すると思います。
また、現在の契約書を見せることにより審査もスムーズにできます。
現在より安い手数料を提示されたらその会社と契約するのは1つの方法です。
他社の見積りを利用して、現在の現在ファクタリング手数料が下げれる可能性もあります。

現在のファクタリング 会社と交渉する

他社の手数料が安いのはわかったが、今までの信用と実績があるため変えたくないという方も少なくないと思います。
その場合、現在のファクタリング会社と交渉する必要があります。
ただ、単に現在のファクタリング会社に手数料を下げてください。と言ってもなかなか下げてくれません。
もちろん、きちんと説明すれば下げてもらえる可能性はありますが、仮に下げてもらったとして数パーセント程度がほとんどです。
そこで、他社見積りを担当者に見せてみましょう。
担当者からすれば、「他社で見積りを取る=自社から他社へ乗り換えられる」と考えるでしょう。
見せた上で交渉すれば大幅に手数料が下がる可能性があります。

手数料の安いファクタリング 会社を探す方法

手数料が安いファクタリング会社を探すのは意外と難しいです。
なぜなら、ファクタリング会社のほとんどが「手数料3%〜」などと最低手数料のみ表記しています。考えてみてください。
最低手数料は意味がありますか?「手数料3%〜」と書いてあってもあ1%〜2%でのファクタリングがないだけです。
極端な話、30%の手数料を提示されることもあります。
そこで、他社から見積りを取る場合、下記のような会社から見積りを取ることをお勧めします。

①他社よりも手数料を安くします。と表記がある

〇〇電機の手法みたいですね。今、ファクタリング業界では、顧客の取り合いになっています。
今のファクタリング会社より手数料を安くするからうちと契約してと言うことです。
このような表記をしている会社に問い合わせて見積りを取ればほぼほぼ今より安い手数料が提示されます。

②手数料の上限を記載している会社
手数料の上限を記載している会社は手数料が安い会社と断言しても過言ではありません。
先ほどの書きましたが、最低手数料はあまり意味がありません。
本当に手数料が安い会社は上限手数料が記載されております。

まとめ

他社からの見積りを取る
→安い会社と契約する
→今の会社と交渉する

他社から見積りを出すときは、現在の契約書を見せる

手数料が安くなるファクタリング 会社の探し方
・〇〇電機のように宣伝している会社
・手数料の上限を記載している会社