「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2020.04.15

建設業のファクタリング事例 神奈川県 渡辺様

今回は、建設業ファクタリング事例をご紹介致します。
当サイトでは、色々な業種のファクタリング事例をご紹介します。
皆様のファクタリングでの資金調達が成功するように参考いただければと思います。

神奈川県で建設業の会社をしている渡辺様のファクタリング事例です。
※渡辺様は個人情報のため仮名となっております。

渡辺様の会社について

渡辺様は神奈川県で建設業を経営しております。
渡辺様が受注する請負工事は9割が国や県などの公共事業です。
そのため、工期完了後の検査をクリアしないと入金がずれてしまうことが多々あります。
これまでは、自身の貯蓄や銀行融資などで立て替えて、外注費や次回の仕事の先出し費用を支払っていました。

渡辺様の売掛債権

検査をクリアした公共事業から月末に600万円の入金があります。

資金調達が必要になった理由

今回受注した高速道路の整備工事は、今まで以上に大きな案件です。
つまり、先出しの材料費や外注費がいつにも増して嵩みます。
手持ち資金では対応しきれないため、資金調達をすることに決めました。

ファクタリングを利用しようと思った理由と経緯

銀行融資は、短期間の間に何回も利用していることもあり、今回は断られてしまいました。
他の資金調達を探すしかありませんでしたが、どこも初回の取引の場合は時間がかかってしまうのがネックでした。
頭を悩ませていたところ、同業者の友人からファクタリングを教えて貰いました。
詳しい話を聞いてみると、
「審査時間もスピーディーだし、信用情報にキズがつかずに資金調達ができるよ」
とのことでした。
渡辺様は他の資金調達方法を行うことによって、信用情報にキズがついてしまうことを恐れていました。
今まで融資して貰っていた銀行との関係に亀裂が入ってしまうのではないかと考えていたからです。
ですがファクタリングでは、そのような心配をすることはありません。
渡辺様は、ファクタリングで資金調達をすることに決めました。

ファクタリング会社の探した方法

ファクタリングで資金調達をすることに決めた渡辺様は早速ファクタリング会社を選定することにしました。
ですが、想像以上にファクタリング会社が多くどの会社を選べばいいのかわかりません。
渡辺様は、Googleで「ファクタリング会社 比較」と調べたところ、当サイト「資金調達パートナー」に辿り着きました。
資金調達パートナーでは、厳選したファクタリング会社の評価が掲載されていましたので、その中から選ぶことに決めました。

申し込みから契約まで

早速3社に申し込みをしました。
全て審査には通ったのですが、その中でも買取金額が一番高かった会社と契約をすることにしました。

渡辺様のファクタリング契約詳細

・2社間ファクタリング
・債権譲渡登記留保
・買取金額 555万円
・手数料 13.2%
・調達までの日数 2日間

ファクタリング利用後の状況

早急に資金調達ができたため、工期に遅れることなく無事に仕事が終わりました。
心配だった銀行との関係も以前と変わりありませんでした。

渡辺様からのコメント

信用情報にキズがつかずに資金調達が出来たのがとても有難かったです。
また何かあれば利用したいと思います。

以上が渡辺様のファクタリング事例です。
当サイト「資金調達パートナー」では、経営者向けのファクタリング情報やファクタリング事例を数多く掲載しております。
是非、参考にしてください。