「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2020.04.16

診療報酬ファクタリング事例 歯科クリニック

今回は、歯科クリニックの診療報酬ファクタリング事例をご紹介致します。
当サイトでは、色々な業種のファクタリング事例をご紹介します。
皆様のファクタリングでの資金調達が成功するように参考いただければと思います。

埼玉県で歯科クリニックを経営している近藤様の診療報酬ファクタリング事例です。
※近藤様は個人情報のため仮名となっております。

近藤様のクリニックについて

近藤様は、2年前に歯科クリニックを開業しました。
患者数は着々と増えていき、安定した経営が出来ています。
近藤様は患者数増加に伴い、設備投資を行いました。
ですが、初期費用が想像以上にかかってしまいました。
そのため、毎月決まって支払う人件費や光熱費に充てる資金の余裕がなくなってしまうことが発覚したのです。

近藤様の売掛債権

国に対して660万円の診療報酬債権があります。

資金調達が必要になった理由

設備投資の初期費用が想像以上にかかってしまいました。
そのため、毎月決まって支払う人件費や光熱費に充てる資金の余裕がなくなってしまうことが発覚したのです。
診療報酬は、すぐに入金がされるわけではありません。
国は報酬債権が適正であるかを審査した上で入金を行います。
つまり、審査が降りるまで入金のラグが発生してしまいます。
近藤様は、ご入金前に先出しの費用が多く必要です。
近藤様は、早急に資金調達をしなければいけませんでした。

ファクタリングを利用しようと思った理由と経緯

銀行融資を考えましたが、経営上、負債を増やすのは気が引けます。
税理士に相談したところ、
「診療報酬ファクタリングなら、借入金ではないので負債にならない。そのため、今後何かあった時のために銀行融資枠も残しておける。」
とのことでした。
近藤様は、ファクタリングで資金調達をすることに決めました。

ファクタリング会社の探した方法

近藤様は早速ファクタリング会社を探すことにしました。
ですが、どこも同じ内容ばかりで、どの会社を選べばいいかわかりません。
近藤様は、比較サイトを使えば探しやすいのではないかと考えました。
早速Googleで「ファクタリング会社 比較」と検索したところ、当サイト「資金調達パートナー」に辿り着きました。
資金調達パートナーでは、厳選したファクタリング会社が掲載されていましたので、その中からファクタリング会社を選ぶことに決めました。

申し込みから契約まで

近藤様は、2社のファクタリング会社にお申し込みをしました。
どちらも審査には通りましたので手数料が低い方と契約を結びました。

近藤様のファクタリング契約詳細

・3社間ファクタリング
・債権譲渡登記留保
・買取金額 550万円
・手数料 6.5%
・調達までの日数 7日

ファクタリング利用後の状況

無事、毎月決まって支払う人件費や光熱費を払うことが出来ました。
設備投資を行った結果、患者数も増え、売り上げも大きく伸びました。

近藤様からのコメント

一時的な資金ショートのせいで、負債を増やすのはどうしても嫌でした。
そのため、借入金ではない診療報酬ファクタリングは私にとって最適な手段でした。
また何かありましたら使いたいと思います。

以上が近藤様のファクタリング事例です。
診療報酬は、すぐに入金がされるわけではありません。
国は、診療報酬が適正であるかを審査した上で入金を行います。
つまり、審査が降りるまで入金のラグが発生してしまいます。
そのため、近藤様のように先出しの費用が多い場合、一時的な資金ショートに陥ってしまう方は少なくありません。
診療報酬ファクタリングなら、診療報酬を早めることが出来ます。

当サイト「資金調達パートナー」では、経営者向けのファクタリング情報やファクタリング事例を数多く掲載しております。
是非、参考にしてください。