「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.07.08

独立系ファクタリング会社を選定するポイントは?

ファクタリング会社の中でも主に中小企業向けの展開をしている独立系ファクタリング会社。銀行系やノンバンク系と比べて少額の取引や2社間ファクタリングも対応している場合が多いのではないでしょうか。その一方で独立系ファクタリング会社は、いまやその会社数も多く「いったいどの会社が良いのか」迷ってしまうこともあるでしょう。どんな基準で会社を選べばよいのでしょうか。この記事では、独立系ファクタリング会社を選定する際のポイントについて、3つの観点から紹介していきます。

自分の希望する条件と合っているか

ファクタリングを利用したいと思った場合には、その時々で希望する条件があるでしょう。その条件で利用できる会社を探すのが1つの方法です。
条件の一つとして挙げられるのが、利用額です。利用額が小口でも対応しているのかという観点で探してみると良いでしょう。中には10万円からの利用に対応しているところ多いです。一方、大きな額が必要な場合には利用できるファクタリング会社が限られてくるでしょう。事前に額を決めて調べていくことがおすすめです。
また、希望する取引の形態に対応しているかを確かめることも必要です。独立系では3社間ファクタリングが利用できるところも多いですが、必ず確認するようにしましょう。
最後に、取引のスピード感についても確かめるとよいでしょう。ファクタリングを利用するときには手元に資金が欲しい場合だと思います。その資金をいつまでに調達したいのかを検討し、ファクタリング会社を選ぶとスムーズに進むでしょう。利用金額にもよりますが、最短で即日から資金を調達できる会社もあります。また、時間を要するところもあるでしょう。独立系ファクタリングは会社によってスピード感も様々なので比較・検討することをおすすめします。

その会社の信用度はあるか

独立系ファクタリング会社は、親会社などの後ろ盾がない会社がほとんどです。また、貸金業者登録を行わずに設置できるため様々な企業が参入しています。そのため、信用度を確かめて利用することが大切になってきます。信用度を確かめるためには、会社の所在や手数料、審査の3つの観点から会社を調べていくとよいでしょう。
まずは会社の所在です。ウェブサイト上に住所があるかどうかを確かめることが大切です。ただし、住所を確かめたからと行って安心するのは早いです。その住所が実在するものなのかも確認しましょう。住所が実在しない、さらには賃貸住宅や貸し会議室であった場合には注意が必要です。
次に、手数料についてです。手数料がきちんと明記されているかをウェブサイト上で確認しましょう。また、ウェブサイト上に細かな記載がない場合には、書面の資料を請求すると安心です。
最後に、審査についてです。独立系ファクタリング会社の中には、審査がすぐに終わるというところも多いです。スピード感があるのは良いことではありますが、書類のみの審査や、あまりにも早い審査についてうたわれている場合には注意が必要です。

契約書における権利は適切か

実際に契約したい会社が見つかったら、契約の際の権利を確かめることも大切です。もしも契約後に売掛先が支払いできない状態になった場合に、ファクタリング会社が売掛債権を放棄するかどうかは特に確認が必要です。これは償還請求権の放棄と呼ばれます。ほとんどの場合は放棄されますが、一部放棄をしない会社もあるので、その場合には注意が必要です。
また、悪質な場合には事前に説明がないにもかかわらず、契約書類上で売掛債権を担保とした貸付の契約になっている場合もあります。契約書における権利を確認し、わからないことは記録の残る方法でたずねると安心です。

いかがでしたでしょうか。今回は、独立系ファクタリングの選び方について紹介しました。独立系は数も多く中には悪質なところもあります。今回紹介した視点を参考にしながら、条件に合う会社を探して相談をしてみるとよいでしょう。