「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2020.04.15

製造業のファクタリング事例 東京都 吉田様

今回は、製造業のファクタリング事例をご紹介致します。
当サイトでは、色々な業種のファクタリング事例をご紹介します。
皆様のファクタリングでの資金調達が成功するように参考いただければと思います。

東京都で製造業の会社をしている吉田様のファクタリング事例です。
※吉田様は個人情報のため仮名となっております。

吉田様の会社について

吉田様の会社は、自動車部品を製造する下請け会社です。
主な売掛先は大手自動車メーカーと自動車ディーラーの2社となります。
従業員数は13名と小規模ですが、比較的安定な経営をしてきました。
吉田様は、創業当初から無借金経営を貫いてきており、銀行やノンバンクからの借入はありません。

吉田様の売掛債権

大手自動車メーカーから450万円
自動車ディーラから300万円
合計、750万円の入金があります。
支払いサイトはどちらも月末締めの翌月末払いです。

資金調達が必要になった理由

最近、大手自動車メーカーから新型車の販売がスタートしました。
出だしから売り上げはよく、右肩上がりで伸びています。
大手自動車メーカーは売り上げに合わせ、販売台数を大幅に増やすことを決定しました。
販売台数の増加に伴い、吉田社長の会社へ急激な受注が増えました。
仕事をするにも事前の初期費用が必要です。
勿論、入金が早まるわけではありませんので、ご自身で準備しなければいけません。
しかも、部品製造を行うための原料の発注は今日、明日にでも行わなければ納期までに間に合いません。
吉田社長は一刻も早く資金調達をしなければいけませんでした。

ファクタリングを利用しようと思った理由と経緯

吉田社長は手当たり次第に金融機関へ申し込みをしました。
ですが回答はどこも、
「審査に1週間はかかってしまう」
とのこと。
一時的な資金ショートのせいで、納期が遅れてしまえば、これからの取引に支障が出てしまうことは間違いなしです。
吉田社長は別の手段で資金調達をすることに決めました。
早速、Yahooで「資金調達 早急」と検索をしました。
調べた結果ファクタリングの存在を知りました。
ファクタリングについて詳しく調べてみると、最短即日で資金調達が可能ということがわかりました。
早急に資金を必要としていた吉田社長には、うってつけの資金調達方法です。
吉田社長はファクタリングで資金調達をすることに決めました。

ファクタリング会社の探した方法

吉田様は、ファクタリングについて調べている際に、当サイト「資金調達パートナー」を閲覧していました。
資金調達パートナーでは、ファクタリング情報に併せて、ファクタリング会社も記載されていましたので、その中からファクタリング会社を選ぶことにしました。

申し込みから契約まで

吉田社長は、ご自身の会社に一番近いファクタリング会社へお申し込みをしました。
同じ東京都で近場でしたので、その日の内に対面をして、無事契約を結ぶことが出来ました。

吉田様のファクタリング契約詳細

・2社間ファクタリング
・債権譲渡登記留保
・買取金額 650万円
・手数料 14.2%
・調達までの日数 即日

ファクタリング利用後の状況

その後、工場をフル稼働させてギリギリ納期までに仕事が完了しました。
急な受注にも関わらず柔軟に対応してくれたところに高評価を貰え、社員のやる気にもつながりました。

吉田様からのコメント

まさか本当に即日で資金調達が出来るとは夢にも思わなかったので驚きました。
おかげ様で、今回の仕事を乗り越えることができ大変感謝しています。

以上が吉田様のファクタリング事例です。
当サイト「資金調達パートナー」では、経営者向けのファクタリング情報やファクタリング事例を数多く掲載しております。
是非、参考にしてください。