「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.06.28

資金繰りだけではない。いろいろ使えるファクタリング

ファクタリングは、企業が保有する売掛債権をファクタリング会社に売却して資金化する方法です。ファクタリングで調達した資金は基本的に使いみちの制限がないため、自由な目的で使うことができます。一般的に経費の支払いなど資金繰り改善に使われることが多いですが、他にも新規で機械を調達したり人材採用を増やしたりするなど、事業を成長させる投資の目的で使うことも可能です。
投資では、資金の投入から利益を回収可能になるまで一定の期間が必要となります。そのため、投資に使う資金は銀行からの融資や第三者割当増資など、長期的な調達方法によって準備することが多いと思います。しかしファクタリングも、実は投資資金を調達する方法として向いているのです。ファクタリングの優れた点について解説していきます。

最短即日で資金調達できる

ファクタリングの最大の長所は、売掛債権を売却することで1〜3日以内にまとまった資金を手に入れられることです。現代はグローバル化やインターネットの普及などにより、ビジネスの流れが非常に速くなっています。資金調達に限らず、投資による事業の拡大や効率化にもスピードが重要であり、短・中期的に投資〜回収のサイクルを回さなければならないことも多くなってくるでしょう。こうした状況において、ファクタリングによるスピーディーな資金調達は大きな強みになります。例えば、競合他社が受注できなかった案件を自社で獲得した場合、すぐに必要な人員や設備を準備しなければなりません。しかし融資で資金を準備しようとすると、資金計画の作成や審査に時間がかかり、せっかくのチャンスを逃すことにもなりかねません。一方ファクタリングなら最短即日で資金を用立てられるので、顧客と信頼関係を構築して事業を拡大することができるでしょう。

審査が柔軟である

ファクタリングは融資ではなく、あくまでファクタリング会社との売掛債権の売買契約です。融資の審査では借り入れする企業自身の返済能力や事業状況をチェックされるのに対して、ファクタリングの審査では売掛先企業の信用力や安定性を中心にチェックされます。もし融資延滞実績や債務超過、税金の未納など悪材料があった場合、銀行や信用金庫の融資であれば審査に通ることはまずありません。しかしファクタリングの審査なら、見積書や請求書などを使って売掛先企業が安定していることを証明できれば、ある程度は融通がきく場合が多いです。融資の審査に通らなくても、ファクタリングなら審査に通る可能性があるため、チャンスを逃さず資金を準備できるでしょう。

財務コンサルタントなどのサービスも利用できる

多くのファクタリング会社では売掛債権を買い取る以外に、利用者の会社における財務改善のアドバイスを行う財務コンサルティングのサービスを提供しています。資金を投資に使う場合なら、投資に対して利益の回収ができるか、過剰投資ではないかといった観点で分析し、助言を与えてくれます。例えば設備改修のために投資をする場合、経営者と現場の担当者が考えている問題点についてすり合わせ、お互いの課題解決に向けた解決策を提案してくれるなどのサービスもあります。コンサルティングの内容は会社によって様々なので、ファクタリング利用の際にはぜひチェックしてみるべきです。

いかがでしたでしょうか。この記事では、ファクタリングで得た資金を投資にあてることのメリットについて解説しました。書類の準備や審査が必要な融資と異なり、売掛債権を売却するファクタリングを利用すれば、迅速かつ柔軟な資金調達が可能です。事業拡大のチャンスを逃さないためにも、投資の際にはぜひファクタリングの利用を検討してみてください。