「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2020.02.07

Web完結型ファクタリングを実際に使ってみた

忙しい企業経営者にとって、資金調達のために銀行やノンバンクなどの窓口を訪れる時間を確保するのはなかなか難しいのが現実ではないでしょうか。近年ではノンバンクや銀行のカードローンなどを中心としてWebだけで完結して資金調達ができるサービスが出現しています。一方でファクタリングの場合は、審査や必要書類の提出などはある程度Webやメールでできるケースが増えているものの、やはり本審査や契約などは対面でというケースが多いようです。そのような状況の中で出現した「クラウドファクタリング」とはどのようなしくみなのか見ていくことにしましょう。

クラウドファクタリングは2者間ファクタリングのみ

ファクタリングを利用する場合、請求先(取引先)にファクタリング利用を通知する「3者間ファクタリング」は取り扱っておらず、「2者間ファクタリング」に限定したものとなっています。これはチャットなどでサポート窓口に確認してみると、ファクタリング取引で一般的になりつつある「2者間ファクタリング」に限定することで、請求先の同意などファクタリング業者にとって面倒なプロセスを排除することで、審査や契約にかかるプロセスの簡略化や自動化を徹底して実施しているとのことでした。その代わり手数料が安めに設定できたり、通常のファクタリング業者では取り扱いが難しい「譲渡禁止特約付債権」の買取も行うなどの配慮も行なっているようです。

申込書類の送付、契約もすべてWeb上で完結

ファクタリングの審査時には、実はさまざまな書類の提出が必要で、これは通常のファクタリング取引とあまり変わりはありません。クラウドファクタリングでも次の書類の提出が求められます。
・代表者の本人確認書類(運転免許証またはパスポート)
・法人名義の全口座の直近7ヶ月分の入出金明細
・決算書一式
・請求書
また、これに加えて売掛先との取引を確認できる書類として、基本契約書・注文書・検収書などがあると審査に通りやすくなるとされています。また契約も捺印なしに電子契約のみで完結できるようになっています。このように申込書類や契約書類の入手・送付の手間を省くことによってすばやい対応を実現できるものと考えられます。

審査は24時間以内、振込も最短で実施

このクラウドファクタリングでは、申込みを受け付け、審査に必要な書類が揃っていれば24時間(1営業日)以内に審査結果を回答し、申込条件にして同意し契約すると、即日ないし翌営業日に買取金額を振込みするとされています。これは従来、ファクタリング業者の審査担当者が人間の目で行なっていた審査をAI(人工知能)も駆使して行われているとされているからで、過去のファクタリング取引にかかるデータをアルゴリズム化し、従来人間が行なっていた審査の時間を大幅に短縮しているとされています。しかし最終的には人間の判断が入っているものと思われ、その時間が審査時間の差にあらわれるといっていいでしょう。

いかがでしたでしょうか。まだこのクラウドファクタリングは、誕生して間がないサービスですが、クラウド型会計ソフトとの連携など日々利便性が高まっています。しかしながら創業間も無いようなケースでは利用できないなどの問題もあるのは事実です。自社の状況や請求書の内容によっては、対面での契約を行うファクタリング業者を選ぶことも重要ではないでしょうか。