「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ビジネスローン 2019.06.10

ビジネスローンって税金未納だと審査に通らないってホント?

必ず審査落ちになるわけではありませんが、融資してもらえない確率が極めて高いです。

税金未納状態になっている会社も多いでしょう。赤字になってしまい、現金がなくなってしまえば支払うことはできません。支払いたくても支払えない、という会社も少なくないのです。

特に繁忙期と閑散期がある会社は資金に波があります。ある時とない時の差が激しいということ。

その税金未納ですが、実はビジネスローンの審査では大きなマイナスになってしまいます。

「でも黙っていたら平気なんじゃないの?」
「なんで税金未納だと融資してもらいにくくなるの?」

様々な疑問を持っている方もいるのではありませんか?

黙っていてもバレてしまうので、その点は理解しておきましょう。
さらに税金未納は会社の信用にも関わる部分です。審査はかなり厳しくなってしまうので注意してくださいね。

こちらではビジネスローンの審査と税金未納の関係性について詳しく解説します。

税金未納はバレる!その理由とは?

審査で納税証明書の提出を求められてしまうからです。

要はビジネスローンの必要書類の一つに納税証明書が加えられていることが多いということ。よって納税をしていなければ、そのビジネスローンは利用できない、ということになってしまうのです。

納税証明書は、納税して初めて得られるものですよね。納税していないのに、その証明書が提出できるわけがありません。基本的に直近の納税証明書の提出を求められるので、5年前や10年前の証明書を提出したとしても意味はありませんよ。

ただ中には納税証明書の提出を不要としている業者もあります。ビジネスローンの中には、審査を簡略化しているところも少なくありません。提出書類が多いと、その確認にかなりの時間がかかってしまうわけです。よって必要最低限の書類しか求めない業者もあるということ。

納税ができていないのであれば、納税証明書の提出を必須としていないビジネスローンを利用することも考えておきましょう。

なぜ納税していないと融資して貰える確率が下がるのか?

説明するまでもないかもしれません。
納税するための資金もない状態、と判断されてしまうからです。
簡単に言ってしまえば、返済能力がない、ということ。

納税というのは会社としての義務でもあるのでしなければならないものです。もちろん納税できなかったからと言って、すぐに倒産してしまうわけではありません。しかしいずれは支払わなければならないもの。その税金を支払えない状況、ということは経営状態がかなり悪化していると考えられます。

ビジネスローン業者が恐れているのは、貸し倒れです。貸したお金が返ってこない、ということはどうしても避けたいのです。
しかし税金を滞納している会社はどうでしょうか?どう考えても返済は難しいと思いませんか?まっとうな審査をしている業者であれば、当然審査落ちにしてくるのが自然ですよね。

税金を滞納している場合はどうしたら良いのか?

ビジネスローンの利用は難しいので他の方法を考えなければなりません。
だからといって闇金には手を出してはなりません。

解決方法の一つにファクタリングがあります。

ファクタリングは売掛金を利用した資金調達法であり、期日前に現金化してしまうものです。そもそもファクタリングは融資ではないので返済能力は一切関係ありません。しかも審査対象は売掛先なのです。自社ではありません。

また担保型ローンを利用する方法もあります。担保があるということは、もしもの時には担保で回収できます。返済能力が著しく下がっていると思われる会社に対しても融資してくれる可能性があるのです。