「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ビジネスローン 2019.06.10

ビジネスローンの基礎知識|使途と総量規制について

企業の資金調達方法として最もオーソドックスなのがビジネスローンです。
多くの会社が利用しており、資金難の状態から抜け出すために利用されています。

ただしビジネスローンの基礎知識を知らないまま利用してしまっている方が多いのも事実。
しっかりと内容を把握した上で活用することが望ましいです。
内容を把握せずに利用してしまうと、大きな問題が発生する可能性もあるからです。

こちらではビジネスローンにおける基礎知識についてお伝えしますね。
融資されたお金の使途と総量規制がビジネスローンにどのように関係してくるかを明らかにします。

ビジネスローンの使途は限定されるのか?

限定されません。
資金調達をする時には使途を限定されてしまうこともあります。
例えば運転資金のみの利用に限定されてしまったり、設備投資資金のみに限定されてしまったり、ということもあります。

しかし会社では様々な資金が足りなくなることもありますよね。少しでも自由に利用したい、と思う方も多いのではありませんか?
その点、ビジネスローンであれば全く問題ありません。
ビジネスローンの使途とは一切限定されないからです。

運転資金や設備投資資金として利用できるので、様々な資金難に対処できるのです。ただし審査を受けるときには事業資金計画書などを提出しなければならないこともあります。
その計画書の通りの利用を金融機関側からお願いされることもあるので、その点は注意しておかなければなりません。

ちなみにビジネスローンではありませんが企業の資金調達法の一つに担保型ローンもあります。
不動産であるとか有価証券、さらには売掛金などを担保に入れて資金調達をするんですね。
それらの担保型ローンに関しても、一般的に使途は限定されません。
使途が自由なのはビジネスローンだけではないのです。

ビジネスローンに総量規制は関係してくるのか?

総量規制は一切関係しません。
総量規制によって会社の借入額が限定されることはないのです。

総量規制というものですが、借入総額を年収の3分の1までに限定するものです。
主に消費者金融からの借り入れの時に関わってくる規制ですよね。そして個人向けの融資に深く結びついているものです。

総量規制の基礎知識もしっかりと持っておくことが肝心です。
総量規制は、あくまで個人の借り入れに関わってくるものです。会社などの法人の借り入れについては対象外になるので安心してください。

そもそも個人の借入額と法人の借入額って異なりますよね。
個人の借り入れであれば数十万円程度で済むかもしれません。でも会社の借り入れとなると、場合によっては数千万円や数億円になることも。
仮に年収の3分の1しか借り入れができないとなると、よほど給料をもらっている方しか利用できない、ということになりかねません。

ただしビジネスローンからの借入額ですが、一般的に高額になることは少なくなっています。特にノンバンクのビジネスローンは審査がやさしいのですが、そのかわり借入額が低くされてしまうケースが少なくありません。

ちなみに銀行に関しては総量規制の対象外となっています。あくまでノンバンクだけに関わる規制なので、銀行からの融資を計画している方は個人向け融資を希望しているケースでも一切気にする必要はありませんよ。

総量規制は関係ないが・・・・

実は経営者の借入状況はビジネスローンの審査に影響を与えます。
すでに高額の借り入れがある方は審査で厳しい状況になりかねません。個人信用情報もビジネスローンではチェックされるので、その点は覚えておくと良いでしょう。

個人的な借り入れがあることで、会社としての返済能力も低い、と判断されてしまうことになるのです。