「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ビジネスローン 2019.06.10

ビジネスローンブラックってなんだ?

ビジネスローンを利用しようとしても、なかなか審査に通らない、という経営者の方はいませんか?資金調達がしたいのに、お金を貸してくれる業者がないのです。
困ってしまいますよね。
運転資金が足りなくなっていることもあるでしょう。
設備投資資金がなくて困っているようなこともあるのではありませんか?

何度ビジネスローンの審査を受けても落ちてしまっているのであれば、もしかしたらあなたはビジネスローンブラックになっているかもしれません。

消費者金融の審査やクレジットカードの審査で「ブラック」という表現はよく聞きますよね。
実はビジネスローンの世界にも「ブラック」というものが存在しているのです。

こちらではビジネスローンブラックが一体どのようなものであるかを明らかにします。
審査に落ちた経験がある方は必見です。

ビジネスローンブラックと会社の経営状態について

「赤字決算に陥っていませんか?」
「税金を滞納していませんか?」
「債務超過になっていませんか?」
「リスケジュールをしていませんか?」
「返済の遅延が発生していませんか?」

上記に一つでも当てはまってしまっている場合にはビジネスローンブラックになっている可能性があります。
要は「著しく返済能力が低い状態」と判断されているのです。

ビジネスローン業者は、返済をしてもらわなければ利益がでません。貸し倒れてしまうようなことがあれば、損失を抱えてしまうことになります。よって返済能力が著しく低くなっていると考えられる業者には貸し出すことはありません。

まずは赤字ですが、前期だけであれば大目に見てもらえることもあります。赤字幅が小さい場合にはそれほど大きなマイナスにはなりません。しかし継続して赤字になっていたり、赤字幅があまりにも大きかったりする場合には返済能力が低いと判断される材料になってしまいます。

税金滞納は現状で返済能力がない、と言っているようなものです。ビジネスローン業者から避けられても仕方ないでしょう。

債務超過となっているということは、入ってくるお金よりも出ていくお金のほうが多い、ということになりますからね。マイナスに判断されても仕方ありません。

リスケジュールも税金滞納と同じく、現状の返済能力が低い証拠となってしまいます。

返済の遅延も同じくです。

まずはここで紹介した状況を解消することから始めましょう。税金が払えるのであれば払うのです。返済の遅延も解消しましょう。

審査に落ちる原因は少しでも減らしておくべきです。

経営者の個人情報も関わっているビジネスローンブラック

意外なことに感じてしまうかもしれませんが、経営者の個人信用情報もビジネスローンブラックに大きな影響を与えています。
信用情報に傷がついている場合には、ビジネスローンの利用ができません。

「自己破産などの債務整理をした経験はありませんか?」
「クレジットカードの支払いができなくて強制退会処分にされたことはありませんか?」
「過去2年間に複数回の返済の遅れを経験していませんか?」

上記に一つでも当てはまってしまった場合には、ビジネスローンの利用ができない可能性が高いです。信用できない人物、と判断されてしまうからです。

ただし債務整理に関しては5年から10年で時効を迎えるので、すでに時効を迎えている場合には大丈夫です。

また返済の遅れに関しては1回や2回程度であればそれほどマイナス視されないこともあります。ただし2年以内に5回や6回も返済に遅れていた場合には、返済能力に疑問符がついてしまいます。

気になるのが、「なぜ会社のお金を借りようとしているのに経営者の個人信用情報もチェックされるのか?」という部分ですよね。

確かにビジネスローンは会社にお金を貸しますが、使うのは個人です。よって個人も審査対象となってしまうわけ。
その点も理解した上で審査は受けなければなりません。