「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

資金調達 2019.06.28

当座貸越とは? 法人の資金調達での特徴と注意点

銀行融資には、主に手形貸付、証書貸付、手形割引、そして今回紹介する当座貸越の4種類があります。一般的に銀行の融資で多く利用されているのは証書貸付です。当座貸越という名前は聞いたことがあるけれど、実際の仕組みがよくわからないという方や、名前自体を初めて聞いたという方も多いでしょう。今回は、法人の資金の調達方法の一つである当座貸越の特徴と注意点について解説します。

当座貸越とは何か

当座貸越は、銀行と契約を結び、その限度額(極度額)内で自由にお金を借りられる借り入れの方法です。契約を結ぶ銀行に当座預金を開いていることが前提となっています。限度額は、審査を経て契約書に盛り込まれます。また、その際に契約の期間も設定されます。契約期間は1年が一般的で、1年が経過したら再度審査と契約更新を行う必要があります。

特徴

次に、当座貸越の特徴について4点紹介していきます。

1.限度額の範囲内で自由な額を借り入れ可能

当座貸越の大きな特徴として、限度額の範囲内で自由な金額を借りることができるということがあげられます。例えば、5000万円の限度額が設定されている場合には、100万円借りることも可能ですし、限度額の5000万円を借りることも可能です。他の融資方法では、予め契約で決めたちょうどの額でしか融資を受けられませんが、当座貸越では自由な金額で融資を受けることができます。

2.一度契約すれば手続きが楽

当座貸越では、一度審査と契約が済んでいれば融資の手続きがとても簡単に済みます。改めて審査の必要はなく、簡単な書類で融資を受けることができます。また、銀行によっては当専用のカードもあり、そのカードで手続きをできる場所もあるようです。

3.必要なときにすぐに借りられる

手続きが楽に済むこととも関連しますが、当座貸越では必要なときにすぐ借りることができます。ほとんどの融資では、必要書類を集めるなど審査を待つ必要があるため、資金の調達に時間がかかってしまいます。しかし、当座貸越では審査の時間はありません。そして先程紹介したとおり手続きも簡単です。必要なときにすぐに資金調達ができるのも特徴の一つといえます。

4.借りていないときには金利が発生しない

当座貸越では、契約し限度額を設定しただけでは金利が発生しないのも特徴の一つです。いざという時のために、融資の枠だけを確保しておくことができるのです。そのため、資金繰りが順調でなくなってしまったときのための保険をかけておくことができます。

注意点

最後に、当座貸越を利用する際の注意点を3点紹介していきます。

1.審査が厳しい

大きな注意点として、審査が厳しいということがあげられます。お金を貸す側からすると、限度額内ではいつでもお金を貸せるようにするのは非常にリスクが高いです。それは、限度額内でお金を貸しっぱなしの状態にする可能性があるからです。また、お金を貸す度に契約をかわさないので、どんな用途にお金を使っているかも把握することができません。そのため、リスクの分だけ審査は難しくなります。融資の4つの方法の中でも、一番審査が難しいとされています。

2.金利が高い傾向である

先程紹介したような銀行側のリスクがあるため、借りる前の審査に加えて貸す際の金利も高い傾向にあります。銀行側は融資の用途が不明のままなので、資金繰りが悪化しているからなのかどうかも判別がつきません。そのため、金利を高めに設定しているところが多いようです。

3.当座貸越は2種類ある

また、当座貸越には2種類あります。1つ目が、専用当座貸越です。これは、専用という名前の通り、口座の預金と関係がなくお金を借りることができます。
2つ目は、一般当座貸越です。これは、預金金額と連動したものとなっています。例えば、5000万円を借りたい場合に、現在2000万円の預金がある場合には、3000万円が貸し出されることとなります。
今検討しているのがどちらの種類なのかを把握しておく必要があるでしょう。
また、審査は預金を利用する一般当座貸越のほうが一般的に易しいようです。

今回は、資金調達の方法の一つである当座貸越について解説しました。銀行からいつでもお金を借りられる状態にできるのは当座貸越ならではの特徴です。その分、他の融資形態とは違った特徴や注意点があります。それを理解した上で資金調達に利用するとよいでしょう。