「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

資金調達 2020.02.07

法人グレジットカードを持っているならキャッシングも利用できる

個人向けのクレジットカードでは一般的なキャッシングですが、法人や個人事業主向けのビジネスカードにもキャッシングできることをご存知でしょうか。ビジネスカードは接待交際費や出張時の旅費交通費の決済に利用するのを想定しているのですが、あまり多額ではないにしろキャッシングで資金を用立てることもできるのです。
また万一、信頼関係を深めたいような相手に支払いを待ってもらうようなことになってしまえば、これからのビジネスで大きな損失となってしまいます。そのようなピンチを回避するため、キャッシング機能付き法人カードを持つ利用者がいま増えています。ただし一般的な法人向けのクレジットカードにはキャッシングはついておらずこれまでは個人事業主向け限定のサービスとなっていました。しかし、なかには企業向けの法人カードでもキャッシング機能があるものもあります。この記事ではそのようないざという時には少額でも安心して資金調達ができる法人クレジットカードでのキャッシングについて紹介します。

通常は法人向けビジネスカードにはキャッシング機能は付いていない

先述した通り、通常の法人向けクレジットカードにはキャッシング機能が備わっていません。これは、クレジットカード会社から見れば法人向けクレジットカードは、貸し倒れのリスクが高いと判断しているためです。そもそも個人向けクレジットカードと違って、法人向けのクレジットカードとなればキャッシングの融資先は法人となります。ですから、個人でのキャッシングとは違い、ビジネスでは高額のやり取りがおこなわれる場面も少なくないため、もしキャッシングで貸したお金が返済できないなんてことになれば法人カード発行するクレジット会社は大損してしまうのです。そのようなリスクを背負いたくないクレジット会社は、あらかじめ法人カードにはキャッシング機能をつけていないということなのです。

個人事業主を対象としたビジネスカードではキャッシング機能がついたものが多い

もともとキャッシング機能がついたビジネスカードは、個人事業主向けを対象としたものでした。どちらかといえば個人事業主向けのビジネスカードには、ほとんど付帯されている機能といってもいいでしょう。これは個人事業主向けのビジネスカードは、法人ではなく個人との契約で、利用額自体も少なく急な支払であっても100万円程度です。そのため万が一支払えない状況になっても、クレジットカード会社の損失金額自体も少ないので、貸し倒れリスクが少ないと判断しているためです。ですからクレジットカード会社も利用者拡大に向けた施策としてキャッシング機能をつけているのです。

法人向けクレジットカードでキャッシングできるのか?

先に述べたように、法人向けのクレジットカードはそのリスクの高さから、原則としてキャッシング機能はついていません。しかし非常に少ないながらキャッシングを使うことのできる法人カードもあるのです。ただし、これらは法人代表者を名義にした法人カードの場合に限られているようです。これは対象となるのが法人ではなく、代表者個人となるので貸倒れリスクが低いためです。そして対象が代表者個人になるだけで事業の経費支払には普通の法人カード同様になんの問題もなく使うことができるのです。

急な資金が必要なとき、近くにATMがあればすぐに現金を引き出すことができるキャッシング。金利は高いですが少額で短期の資金調達であれば検討する価値はあるのではないでしょうか。