「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

factoring の記事一覧
ファクタリング 2019.07.28

回収できていない売掛金を法的に回収する

日頃から取引先の業務状況や経営的信用度などに目を光らせておくことも大切です。しかし売掛金未回収が発生した場合は、早急に売掛金回収に動き出す必要があります。 この場合、取引先へ連絡や内容証明を送付することにより、連絡がつき、売掛金を支払う意思を確認できているのであれば、期日までに支払ってもらえるよう伝えるだけではなく、取引先に協力いただき、未払金残高確認書を作成してもらったり、売買契約を解除して商品を引き上げるなどの措置を取ることができます。 しかしながら、取引先がこのような売掛金支払に応じない場合は、法的処置をとることで回収することができるのです。ここではその方法を説明しましょう。
ファクタリング 2019.07.28

ファクタリングの会計処理

ファクタリングの取引といっても、実際にどのように仕訳するのかなど会計処理がわからないという経理担当者の声をよく聞きます。たしかに売掛債権の売買や手数料の仕訳方法、手形取引とどのように違うのかなどわからないことが多いのでしょうか。ここでは実際の仕訳例を踏まえてファクタリングの会計処理について解説します。 ファクタリング契約締結時の会計処理 ファクタリングを利用する場合でも売上計上の処理は、「(借方)売掛金/(貸方)売上高」と通常の仕訳となります。ここで売掛金が取引先から入金された場合に、決済仕訳として「(借方)現預金/(貸方)売掛金」となるのですが、ファクタリング業者と契約をした段階で「
ファクタリング 2019.07.28

手形割引とファクタリングはどう違うのか

手形割引とファクタリングは、いずれも売掛金を早期回収したいときに利用する手法です。目的が同じなので、手形割引とファクタリングはよく混同されます。そこで今回は、手形割引とファクタリングの違いをご紹介します。結論からいえば、現代では手形割引よりもファクタリングの方が利用しやすくメリットも豊富です。それぞれの特徴についても解説します。 そもそも手形割引とは? 手形割引とは、取引先から受け取った手形を決済日より前に現金化する方法のことで、かつて数多く利用された仕組みです。一般に手形とは、「一定の資格や権利を証明する書面のこと」を指します。下請法(第2条2)では「通常の信用取引は60日以内のでき
ファクタリング 2019.07.28

でんさいネットとファクタリングはどう違うのか

「でんさいネット」も「ファクタリング」も、請求書などで発生した売掛金を早期に回収する手法には違いがありません。ですから混同されることもある両者ですが、実は全く異なる仕組みなのです。確かに請求書などの売掛債権を早期に現金化できることは事実なのですが、でんさいネットがこれはこれまで紙で行なっていた手形や売掛金を第3者に譲り渡すための通知などを電子化することを目的としており、電子化によるスピードアップで結果的に支払期日前に現金を早く手に入れることができるのです。一方「ファクタリング」は、債権そのものを第3者であるファクタリングを取り扱う企業に売り渡すことで、支払期日前に現金を受け取ることができるとい
ファクタリング 2019.07.28

なぜ経済産業省はファクタリングを推奨するのか

ファクタリングは、売掛金を売却することで資金が得られる資金調達方法です。資金繰りに苦しむ中小企業にとっては、銀行等での融資に比べて審査が通りやすく、即金性もあるため、資金繰り改善に最適な資金調達方法といえるのではないでしょうか。しかし、現状では多くの中小企業が銀行からの融資で資金調達をしており、ファクタリングの利用は少ない状況です。そのような状況のファクタリングがなぜ経済産業省から推奨されているのかについて、具体的に3つの面から解説していきます。 不動産担保に依存している 現在では、日本企業の約9割が不動産を担保にした融資の契約をしています。しかし、中小企業によっては、不動産をあまり保有し
ファクタリング 2019.07.28

クラウドファンディングとファクタリングを組み合わせた資金調達事例

欧米では一般的な資金調達方法であるクラウドファンディングも、日本においては2011年に日本初のクラウドファンディングサービス会社が誕生したことによって、近年では新しい資金調達方法として認識されつつあります。また、インターネットを通じて不特定多数の人へ事業内容やアイディアを発表し、資金提供を呼び掛けることで、その趣旨に賛同した人からお金を集めることから、民間の金融機関等から融資を受けることが難しい起業家や起業して間もない企業にとっては事業資金を獲得できる方法であることから、高い人気を得ています。 しかし、高い人気を誇るクラウドファンディングではありますが、全てのケースにおいて成功するわけではあ
ファクタリング 2019.07.24

創業融資とファクタリングを組み合わせた資金調達事例

起業を成功するためには、事業資金を集めることが大切なポイントの一つです。しかし、この大切なポイントである事業資金を上手く集めることができずに、起業して1年未満に約3割の企業が廃業している現実があります。 起業時や起業して間もない企業も場合、民間の金融機関からの融資は事業的の浅さや過去の実績がないため融資を受けることができないのがほとんどでしょう。そのため、日本政策金融公庫等の創業融資を利用して事業資金を集めている企業も少なくありません。 しかしながら、創業融資は審査が厳しく、また融資を受けることができても融資額が希望額より低い場合もあるようです。そこで今回は、創業融資だけで事業資金を集める
ビジネスローン 2019.07.24

中小企業の資金調達スピード徹底比較

中小企業が資金繰りを計画する際は、申し込んで調達元から入金されるまでのスピードが早ければ早いほど、運用には有利に働きます。中小企業の資金調達には数多くの方法がありますが、それぞれの入金までのスピードはどう違うのでしょうか。その主な調達方法について、比較して見てみましょう。 数日程度で入金を見込める方法 まず、急に資金が必要となった場合に、申し込みから数日程度で資金調達する方法を紹介します。 ・ファクタリング 売掛債権を売却して、現金化する方法がファクタリングです。 手数料こそ引かれるものの入金予定日よりも早く現金化できるため、多額の売掛金が発生して近々の運転資金が足りない時など、
ファクタリング 2019.07.11

創業間もない企業や個人事業主はファクタリングの審査に通りにくいのか?

創業間もない企業や個人事業主が資金調達を行う場合は、日本政策金融公庫の新創業融資制度における融資を検討する事業主も多いと思います。しかし、審査書類を用意している間に運転資金がひっ迫し、一日でも早く資金が必要というケースもあるのではないでしょうか。 そのような時こそ、早期に売掛債権を現金化することができるファクタリングは有効な資金調達方法であるといえるでしょう。 しかしながら、ファクタリング会社によっては、創業間もない企業や個人事業主の利用を断るケースもあるようです。では、ファクタリング会社はどのような観点からファクタリング審査を行っているのでしょうか。創業間もない企業や個人事業主においても
ファクタリング 2019.07.11

ファクタリング審査が通らない理由は何か

ファクタリングを利用する事業者は、銀行融資やカードローンなどと比べて、手数料が高いファクタリングをわざわざ選択しているぐらいですから、利用する事業者の資金繰りが厳しい状況なのは、まず大前提にあると考えるのが一般的でしょう。その前提でファクタリング会社もサービス提供するわけですから、原則的にはやはり審査は「緩い」傾向にあるのは事実です。しかし、それでも審査が通らないことはあります。それではファクタリング業者の審査ではどんなポイントをチェックしているのでしょうか。詳細を見てみましょう。 売掛債権に対する信用度 ファクタリング会社が一番見るポイントは、「信用に値する売掛債権かどうか」です。具
4 / 9...23456...