「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.06.09

ファクタリングとは?

まず、ファクタリング(factoring)とは、企業の売掛債権を買取り、自己の危機負担で債権の管理・回収を行う金融業務のことです。もっとわかりやすく言えば、売掛債権に保険をかけてリスクを回避したり、または未回収の売掛金を買取ってもらえたりするサービスのことです。

企業間での一般的な取引では、先に商品やサービスを提供し、後から代金を回収するという取引になります(これを 売掛債権 といいます)。こうした掛取引では、売掛金の入金が遅れたり、賓倒れになってしまい資金難に陥る可能性も高く、また、売掛先が倒産してしまう恐れがあるなどと様々な危機ケースが考えられます。そんな時に使われるのが、ファクタリングサービスになります!!

ファクタリングを利用すれば、売掛先が倒産の恐れがある場合などに、あらかじめ保険をかけたり、未回収のままの売掛金を売却して現金化したりすることができます。

ファクタリングの種類

《買取ファクタリング》

買取ファクタリングは、企業が売掛金を早期に現金化したい場合に使われるファクタリングです。売掛債権をファクタリングサービス会社に売却し、手数料を差し引かれた金額を受け取ることになります。このファクタリングを利用する際には、もちろん審査は必要にはなりますが、銀行の厳しい審査とは違って、売掛先の信用力が審査対象となるため、中小企業でも審査に通りやすいというメリットがあります。
また、この買取ファクタリングには2社問と3社問の2種類があります。

《保証ファクタリング》

保証ファクタリングは、買取型とは違って資金調達を目的とはせず、信用力について不安がある会社との取引などで、売掛債権の貸し倒れのリスクを回避する場合に使われるファクタリングです。万が一、取引先の倒産などで売掛金が回収できなくなった場合、保証会社が保証金を支払ってくれる仕組みになっています。ファクタリングサービス会社が取引先を信用調査し、保証の枠を決め、その枠内の金額であれば、売掛債権の保証をしてくれます。

《医療ファクタリング》

医療ファクタリングとは、医療機関の社会保険診療基金(社保)や国民健康保険団体連合会(国保連)への医療報酬(レセプト報酬)をファクタリング会社が買取り、早期に現金化する資金調達法です。
また、医療ファクタリングには、「診療(医療)報酬債務ファクタリング」「介護報酬債務ファクタリング」「調剤報酬債権ファクタリング」の3つの種類があります。
この医療ファクタリングの取引先は国であることから、メリットがかなりあります。

《国際ファクタリング》

国際ファクタリングとは、貿易取引をする輸出企業が海外に「輸出」を行う際に、輸入企業からの代金を確実に回収するために行うファクタリングのことです。日本国内の企業であれば、帝国データバンクや信用情報機関などを利用し、会社情報を集め、取引先の信用力や支払い能力を調べることができますが、海外の企業の場合、信用調査がかなり難しくなります。そこで、ファクタリング会社を利用することで海外企業の売掛債権の改修を代行してもらうことができます。

ファクタリングの流れ

商品の納品やサービス提供が完了 = 売掛金発生

売掛先企業とのファクタリング契約及び承諾

ファクタリング会社とのファクタリング契約及び承諾

売掛先企業との請求金額の確認

ファクタリング会社への請求金額の通知

ファクタリング会社と売掛先企業との請求金額の最終確認

ファクタリング会社から早期売掛金支払いを受ける

売掛先企業からファクタリング会社に期日通り売掛金が支払われる

ファクタリングを契約する際の必要書類

ファクタリングを契約する際にいくつかの書類が必要になります。

・商業登記簿謄本

会社の商業登記を証明する書類であり、特約の際に必要になります。

・印鑑証明書

契約書の署名押印を証明するために必要となります。
また、会社契約者自身の本人確認書類も必要になることがあるので、念のため準備しておきましょう。

・決算書の写し

約定には、決算書の写しも必要になります。
決算書のコピーについては、基本的には直近の3年分と言われています。
また、決算書については、税務申告が終わった押印のあるものが必要になります。
※前回の決算月から日数が経過している場合は試算表の提出も求められることもあるので注意していきましょう。

・売掛先との取引内容を記載した書類

売掛先との取引内容を記載した書類としては、売掛債権の対象となった商品やサービスの発注書、申請書、納品書などが該当します。
その他、以前に行った入金がわかる書類などあれば用意しておきましょう。

・売掛先と締結した契約書

これは、本契約を締結した際に必要になります。

以上、これらの書類を前もって準備していただくと、スムーズに契約が進みます。
またファクタリング会社との契約内容によって追加される書類もありますので早めに電話して確認しておくといいですね!

まとめ

今回はファクタリングについて簡単に説明させていただきました。
ファクタリング会社によっては手数料や対応している種類も違いがあります。
また、悪徳なファクタリング会社も中には存在しているので、あらかじめ電話での
問い合わせをし、前もって調べておくといいですね!!