「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.06.13

ファクタリング は個人事業主でも可能!?

結論からファクタリングは法人限定のサービスだと思われがちですが、個人事業でも可能です。
ただし、ファクタリング会社によっては個人事業主が利用できないところも多いです。
また、ファクタリングの審査も個人事業主より法人の方が有利ということもあります。
ですが、個人事業主でもファクタリングを有効に利用できているケースは少なくはありません。
ここでは、個人事業主がファクタリングを利用するとき注意点等をご説明します。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、事業者が持っている売掛債権をファクタリング会社が現金化すふサービスです。
法人でも個人事業主でも売掛債権があればファクタリングは可能です。
先ほども書きましたが、個人事業主では取引ができないファクタリングは多々あります。

なぜ、個人事業主が取引できないファクタリング会社があるか?

それは、信用度です。一般的に法人(株式会社、合同会社など)の方が個人事業主と比べて信用度が高いです。
法人の中でも大企業や上場企業の方が中小企業よりも信頼度が高いです。
個人事業主の場合、社会的な信用度が低いため取引できないケースが多いです。

個人事業主の審査が厳しい理由

社会的な信用度が低いからもちろん審査が厳しくなります。
これ以外にも審査が厳しくなる理由があります。
それは、会社としての仕組みができていないケースが多いということです。もちろん、きちんとしている個人事業主様もいらっしゃいます。
ファクタリング の審査は会社情報の他に売掛債権の審査も行います。
そこで、個人事業主の場合だと、契約者がなかったり請求者に支払日が記載されていないことなどあり、審査に落ちてしまうケースは少なくはありません。そもそも、個人事業主と取引してくれない企業も多いため、必然的に売掛先の信用が低いところが多くなってしまいます。
その他にも、通帳が生活資金とごちゃ混ぜになっており資金の流れがわからない場合、審査に落ちてしますケースもあります。

個人事業主でもファクタリング を利用する方法

①個人事業主でも可能なファクタリング会社を探す。

個人事業主でも可能なファクタリング会社一覧
(後日公開予定)

売掛先との契約者や書類をきちんとする

ファクタリングのためだけでなく、契約者や書類とはある程度整備しておいた方がいいです。ここではあまりふれませんが、契約者などの書類をきちんとしていなかったからトラブルに巻き込まれるケースもあります。

信用度の高い売掛債権で審査する

売掛債権の中でも信用度が高い売掛債権で審査してください。また、売掛先が個人事業主の売掛債権は審査が通りづらいですのでご注意ください。

まとめ

個人事業主でファクタリング は可能

個人事業主でも可能なファクタリング 会社を探す必要がある

個人事業主がファクタリング 審査を通しやすくする方法
・契約者類、請求書をきちんと整備しておく
・信用度の高い売掛債権で審査する