「急に資金が必要になった」「より良い資金調達方法を知りたい」・・・

事業資金調達 情報サイト「資金調達partner」

資金調達のプロに無料相談する

ファクタリング 2019.06.11

契約の流れから見るファクタリング取引

①ファクタリング 会社を見つけて申し込む

日本には数多くのファクタリング会社があります。インターネットで、「ファクタリング」と検索すると簡単にファクタリング会社を見つけることができます。
その中で申し込みたいというファクタリング会社を見つけて申し込みます。
申し込み方法は電話、メール、FAXなどファクタリング会社によってまちまちです。

②申し込み内容を基にファクタリング会社が審査します。

申し込みが入りますとファクタリング会社は審査を行います。主に審査で見られるのは売掛金の内容です。また、会社の経営状況も見られるケースが多いです。ですが、銀行融資とは違い決算状況とはあまり見られません。逆に、税金の滞納や社会保険料の滞納があるかは見られ審査に結果に大きく影響します。
申し込み後に審査段階で納税証明書などの追加書類を求められるケースもあります。

③審査完了後、契約書の締結

無事に審査が完了した場合、契約書を締結させます。売掛金に登記をうつ場合は、法務局に提出する書類も作成します。
契約書の締結、書類の作成が完了したら、、、

④ファクタリング 会社から入金されます

審査完了、契約の締結でようやくファクタリング会社から入金されます。口座への振込や直接現金渡しなどファクタリング 会社によってまちまちです。

④売掛先から入金をファクタリング会社にお支払い
売掛先から入金期日までに入金があったら、その金額をファクタリング会社にお支払いします。

これでファクタリング 契約の一連の流れです。
契約まで終われば、あとはシンプルです。

次回では、失敗しないファクタリング 会社の選び方、ファクタリング申し込みで注意しないといけないこと、審査が通るケースと落ちるケースのポイントなどを説明していきます。